夢の実現には目的と目標が必要、でも2つの違いを知ってる?

目的 目標
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは目的と目標の違いを説明出来るでしょうか?

もしあなたが、自分の能力をフルに引き出したいとお考えであれば、この違いを知っておく事はとても有益な事でしょう。

その理由は二つ。

一つ目に、スポーツや芸術の世界、ビジネスで大きな結果を残す人達は、言葉を大切する人がとても多いからです。

「言葉の捉え方の差は、人生の差」だと言っても過言ではありません。

二つ目に、人生で最も大切なのは「目的」という言葉だからです。それから次に大切なのが「目標」という言葉です。

にも関わらず、その違いを理解している人は少ないと感じています。

これはとても大きな損失だと言わざるを得ません。

そこでこの記事では、

  1. 目的と目標の4つの違いと、正しく設定する為のルール
  2. 「抽象化→具体化」のプロセスで目的と目標を見つける方法

についてご紹介します。

もしあなたが

  • アルコールやタバコ、ギャンブル依存、浪費グセなどの悪習慣を改善したい
  • 仕事や勉強のモチベーションが沸いてこない
  • 頑張っても、頑張っても幸福感を感じられない

そして、

「夢を叶えたい!」

と、お望みであれば、一度立ち止まってこの記事を読まれてみてはいかがでしょうか?

目的と目標の違いと、良いものにする4つのルール

良い目的と目標には、以下の4つのルールがあると私は考えています。

  1. 目的は幸福感、目標は目的を手に入れるための一要素
  2. 目的は抽象的、目標は具体的
  3. 目的はゴール地点、目標は中継地点
  4. 目的はモチベーションの為に、目標は行動の為に

というものです。ここからは

「何故こう捉えると、最大限のパフォーマンスが引き出されるのか?」

という理由を説明しながら、目的と目標の違いについて触れたいと思います。

目的は幸福感、目標は目的を手に入れるための一要素

良い目的とは「何故?」を追及した先にあるものだと、私は考えています。そしてそれは必ず幸福感に行き着くと、私は考えています。

サッカーのなでしこジャパンが、ワールドカップで優勝した時の事を覚えていますか?

彼女たちを例を挙げると

  • 目的:東日本で被災した人達に勇気を与える
  • 目標:金メダルを取る!

というものでした。

「何故、金メダルを取りたいのか?」というと、「被災者を勇気づけたい」という、彼女達の目的になります。ではもう少し突っ込んでみて、「何故、被災者を勇気づけたいのか?」と問いかけるとどうなるのか?

それは

「彼女達にとって一番幸福感を感じられる事だったから」

でしょう。これはとても良い目的と目標の例だと思います。(実際に優勝をされた訳ですし。)

何故なら幸福感を手に入れる為に、人の脳は全力を尽くしてくれるからです。

ですから

  • 目的は自分が一番幸福感を感じられること
  • 目標は目的を得るために必要な要素の一つ

にするのが良い、というのが私の定義になります。

そこで、まずはあなた自身で、下記の言葉を問いかけてみて下さい。

「あなたが最大の幸福度を感じる事は何でしょうか?」

この問いに対する答えが目的で、それを達成する為に必要な要素を目標とすれば、自ずと良いものになるでしょう。

目的は抽象的、目標は具体的

「目的は抽象的、目標は具体的」と聞いてもいまいちピンとこないかもしれません。そこでまずは、猫という言葉を例にとり、抽象的と具体的の違いが分かる画像を用意しました。

抽象的 具体的

 

もう少し補足していきましょう。

抽象度の高い「生命体」という言葉の中には、人間も動物も猫も犬も、ライオンも、シャム猫もコテツちゃんも含まれます。つまり全てを包括した幅広い意味で捉えられるものとなります。

逆に具体性の高い「○○さん家の好戦的な~コテツちゃん」になると、何者なのかがハッキリして、「あぁあの猫の事か。」と誰もが分かるようになります。逆にそれ以外の意味はありません。

二つの違いを表にすると……

抽象的 具体的
数値で表現しにくいもの 数値的に示せるもの
幅広い言葉の意味を持つもの 他の意味が無く、1つに近いもの
達成出来たかどうかが分かりにくい 達成できたかどうか分かりやすい

というものになります。

そして目的は抽象的、目標は具体的な方が良いと言えます。

例えば

  • 目的:○○さんと幸せな生活を過ごしたい
  • 目標:毎月5万の貯金をして、10月に結婚する

という人がいたとしましょう。これは目的と目標がセットになった良い例です。

「○○さんと幸せな生活を過ごす」という抽象的な目的にすると、経済面、精神面など、様々な角度からの方法論を考えられ、全ての面でハッピーになりやすいからです。

そして「毎月5万の貯金をして、10月に結婚する」という具体的な目標にすると、日々何をすればいいか明確ですし、達成出来ているかのフィードバックも可能になるからです。

目的はゴール地点、目標は中継地点

「目的は変えない、目標は変更してOK」という事を覚えておくと、柔軟なアイデアや行動計画が生まれ、よりパフォーマンスを引き出しやすくなります。

目的はゴール地点、目標は中継地点と捉えると分かりやすいかもしれません。例えば「ハワイでトロピカルジュースを飲んでいい気分になる」という事が目的だとします。その場合は

  • 毎月3万円づつ貯金をする
  • 当日○○空港に行く
  • パスポートとチケットを獲得する

といったものが目標となるでしょう。ですが中継地点ですから、別にそのルートを通らなくても良いのです。要はゴールに着けばいいのです。

例えば「貯金も、○○空港も、チケット」も“ハワイへ行く”という目的の必須条件ではありません。

愛人に連れていってもらってもいいし、飛行機ではなく、船で行く手段もあるかもしれません。道徳的な事を別にすれば、パスポートを取らず不法入国する手段もあります。笑

目的は変えない

ですが目的を変更するのはいけません。ありがちなのが、ハワイに行く為に貯金をしていたのに、いつの間にか、“貯金が目的”になるようなケースです。

貯金をすること自体は楽しい事ではありません。そういった快感情と結びつかない事にはドーパミンが分泌されず、脳がやる気を出さないのです。

同じようにダイエットをすぐ諦める人は、食事制限や運動が目的になり、辛い事しか目に入らなくなるから続かないのです。そんな時は「異性からモテたい」という目的を思い出さなければなりません。

英語の勉強が続かないのは「外国人の彼女を作りたい」という目的を忘れるからです。笑

※attention!

一般的には、目標が「ゴール」という捉え方ですが、私は目的を「ゴール」にしています。その理由は前述したように、目標をゴールと捉えると、貯金が目的になるような事になりかねないからです。

目的はモチベーションの為に、目標は行動の為に

目的と目標はコインの裏表のように、どちらが欠けてもいけません。

例えば私の例を挙げると

目的

自己能力開発の手法を伝え、人々の夢を叶えられるようにしたい

目標

  • 毎日4時間のライティングをする
  • 月間ブログPVを2万以上にする
  • メルマガ読者を1万人以上にする

……etc

といったものになります。

もしこれが目標だけだったらどうでしょうか?

おそらく、毎日4時間のライティングなんて面倒くさくてやってられません。

それが出来るのは、記事を読んだ人にポジティブな影響を与えられるとか、自分の収入が増えて、もっとビジネスを大きく出来るとか、目的に繋がる未来像があるからです。

逆に目的だけだとしたらどうか?

と言われると、「世界中を幸せにするんだ」と頭の中でふわふわと考えているだけで、具体的な行動は何一つ起こさないでしょう。

「毎日4時間ライティングをする」という目標があるからこそ、自分が何をすればいいのかが分かり、行動を起こせるのです。

こういった事から、

  • 目的はモチベーションを生み出すもの
  • 目標は実行計画をたてたり、実際の行動を起こすためのもの

と言えます。そこであなたに一つ問いかけてみたいと思います。

「あなたの目的は何でしょうか?そして、あなたの目標は何でしょうか?」

もし両方が思い浮かばないのであれば、これから紹介する以下の方法論で、是非見つけてみて下さい。

抽象化→具体化のプロセスで目的と目標を見つける

私が目的と目標を見つける上でお勧めしているのが、「抽象化→具体化」のテクニックです。

基本的には2つのSTEPを通ります。

  • STEP1で、行動や目標に「何故?」と問いかけ、自分の目的を見つけます。
  • STEP2で「目的を達成するためには何が必要か?」と問いかけ、目標を見つけます。

このプロセスを通る事で、幸福度やモチベーションが得られる、良い目的が見つけられ、それを達成する為の正しく行動出来る目標が生まれるはずです。

ここからは、そのやり方を詳しくご説明しますので、是非「抽象化→具体化」のプロセスを通り、最大限のパフォーマンスを発揮してください。

STEP1.トヨタ式「5回の何故?」で抽象化し、目的を見つける

トヨタ式の「5回の何故?」は、ビジネスマンには有名な方法なので、ご存じかもしれません。本来は問題やトラブルの本質的な原因を探るためのものですが、これは目的を見つけるためにも使えます。

やり方は簡単です。まずは自分が今持っている目標に、ひたすら「何故?」と問いかけるだけです。

目標が無ければ、自分が今やっている行動でも構いません。既に自分がやっている事には、必ず何らかの目的が存在するはずだからです。

具体的には

  • 何故私は今の仕事をしているのか?
  • 何故私はあの人と付き合いたいのだろう?(何故この人と一緒にいるのか?)
  • 何故私はお金持ちになりたいのだろう?
  • 何故私はプロ野球選手になりたいのだろう?

という風に問いかけてみましょう。

そこで出て来た答えに、「何故?」と問い、自分がピッタリくる答えが出るまで繰り返すだけです。トヨタ式は5回ですが、自分がドキュンと感じる目的が出て来たら、そこでやめていいと思います。

イメージが沸きやすいように画像を作ったので見てください。

何故 目的

 

このようなイメージで、「何故?何故?何故?」としつこく繰り返していくと、後半になるほど、本質に近づいていくでしょう。

そして

「私が今の仕事をするのも、お金を稼ぐのも、家族と不自由なく暮らし、幸せになるためなんだ!」

という事に気付く事が出来ます。

こういった気持ちを持った状態で、翌日仕事に行くのと、何もせずに、嫌々仕事に行くのとでは、モチベーションや幸福度に大きな影響を及ぼすのは言うまでもないでしょう。

STEP2.「何が必要か?」を繰り返し、具体化して目標を見つける

先ほどの方法で目的を見つけたら、次はそれらを使って、具体的な目標にしていきます。

やり方は先ほどと同じ要領で、ひたすら「目的を達成するためには何が必要か?」を問いかけ続けるのです。

例えば、「家族と一緒に幸せな毎日を送りたい」が目的だとしましょう。であれば、「家族を幸せにするためには何が必要か?」……と考えていくのです。

この時のコツが、出来るだけ日時や場所、数字などを入れて、目標が達成されたか分かるものにすることです。

そうすることでより具体的になり、「どんな行動をすれば良いか?」「目標は達成出来ているか?」という事が分かりやすくなるからです。

では具体例をあげていきましょう。

Q.「家族と幸せな毎日を送るためには何が必要か?」

  • 80歳まで病気なく健康でいること
  • 月収50万以上は稼ぐこと
  • 相手の気持を理解するため、1カ月以内に心理学のセミナーに出席する

……etc

こういったものが、目標になってくるはずです。そして一つ一つの目標に更に「そのために何が必要か?」と問いかけるのです。

Q.80歳まで健康でいるためには何が必要か?

  • 毎日一時間以上歩くこと
  • 夜は10時に寝て、朝は5時に起きる習慣を身につけること
  • 健康や医学関係の本を月に一冊は読む事

月収50万以上稼ぐためには何が必要か?

  • 自分でビジネスを起こす、その為に成功しているビジネスを毎日1時間研究し、ビジネスモデルを見つける
  • 毎月5万円ずつ、ビジネスの為に貯金をする
  • ビジネスを成功させている経営者10人に連絡してみて、直接会えないか交渉する。

などが思いつくでしょう。必要であれば、もっと掘り下げていきます。

基準は「明日、自分が何をすれば良いか?」という行動案が明確になるまでです。

そして、こうして出てきた中から目的、長期目標と短期目標を選び、こんな風に書き出しましょう。

目的 ・家族と一緒に幸せな毎日を送りたい
長期目標 ・80歳まで健康でいる
・月収50万を稼ぐ
短期目標 ・毎日1時間以上歩く
・夜は10時に寝て、朝は5時に起きる
・毎日成功しているビジネスを一時間研究し、ビジネスモデルを探す。

 

短期目標まで落とし込めれば、今日何をすべきかが明確になりますよね?(短期目標というより、日々のルーティン行動と言っても良いかもしれません。)

このように、抽象化→具体化のプロセスを通る事で、モチベーションと幸福度を満たせる行動計画が生まれます。是非試してみて下さい。

※これらで出てきた答えは、是非目標達成シートに記入してもらえればと思います。

目標達成シートは、《達成率1割→8割へ!新・目標達成シートのダウンロードと使い方》という記事でご紹介しています。また、別のアプローチからの目標や目的の見つけ方もご紹介しているので、参考にしてみて下さい。

まとめ:あなたの目的は?あなたの目標は?

いかかでしたか?一般的に言われているものとは、目的や目標の定義が少し違うかもしれません。ただこれは、私自身が一流のパフォーマー達を研究し

「最大限のパフォーマンスを引き出すためにはどうすれば良いのか?」

を考えて導き出した結論です。もし、あなたがそれを望むのであれば、最後にこの記事の内容をまとめておきますので、以下をノートやメモ帳に書き留め、是非実践してみて下さい。

アクションプラン
最大限のパフォーマンスを引き出す人の目的と目標の4つのルール
  1. 目的は幸福感、目標は目的を手に入れるための一要素
  2. 目的は抽象的、目標は具体的
  3. 目的はゴール地点、目標は中継地点
  4. 目的はモチベーションの為に、目標は行動の為に
抽象化→具体化のプロセスで目的と目標を見つける方法
  • STEP1.トヨタ式「5回の何故?」で抽象化し、目的を見つける
  • STEP2.「何が必要か?」を繰り返し、具体化して目標を見つける。

「あなたの目的は?あなたの目標は?」

あなたがこれらに明確に答えられれば、今までの何倍ものパフォーマンスを発揮できる事をお約束します。そしてあなたの夢を実現する大きな後押しにして下さい。

もしこの記事がお役にたったと感じたら、
あなたのSNSでシェアしていただけませんか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エスビジョンから無料電子書籍プレゼント:普通の人が1%の億万長者になるためのトップシークレット

「あなたは既に8000万の借金を背負っている……」

と聞くと、驚きませんか?

ですが、これは嘘の話でも何でもありません……。
あなたがこのマニュアルを手に取れば、1時間以内にその意味を理解しているでしょう。

他にも……
・1%の億万長者達が必ず共通して通る3ステップ
・あなたの貯金がみるみる増えるユダヤ式節約法
・私がお勧めする時代の追い風が来る仕事、来ない仕事

などを、全2巻の電子書籍の中で提供しています。
二巻とも無料で提供していますので、あなたの経済面の健康に、是非お役立て下さい。


無料電子書籍ダウンロード

コメントを残す

*