優先順位のつけ方|生涯労力1/2、成果は2倍の6つのセオリー

priority
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な成果を残した“あの人”から学ぶ、優先順位のつけ方とは……

彼は1955年2月24日に生まれた。その56年の生涯は興味深い。

彼は21歳の時から死ぬまでずっと、ITに関わる製品・サービスを生み出し続け、人々の生活を大きく変化させた。(おそらくあなたもその恩恵を受けているひとりだ。)

また、ITのみならず、音楽業界・映画業界にも同じように革命を起こした。

その結果……

  • 若干25歳にして2億ドル稼ぎ、フォーブスの長者番付にのる
  • 世界一の富豪ビル・ゲイツとオバマ元大統領からその思考を賞賛される
  • フェイスブックやグーグルの創始者に多大な影響を与える

彼の名前は……

スティーブ・ジョブズ。今、世界中で使われているマックやi-phoneの産みの親だ。

だが、彼以上に知識を持ち、精力的な人はいた、同じようなチャンスに気づいた人もいたはずだ。そして、誰もが24時間という平等な資源を持っていた。

ただ、偉大なる成果はスティーブジョブズが残していった。

“そのような違い”は何がもたらしたのか?

というと、それは“時間の質を高める事”だと、私は考えています。言い換えると、

ムダな時間を減らし、効果の高い行動に優先して取り組む事

です。

実際に、ジョブズの自伝やエピソードを調べると、この優先順位を非常に大事にしていた節が見られます。

例えば、Googleの創業者の二人、ラリーペイジとセルゲイブリンはジョブズから、「君らは手を広げすぎだ」とか、

「フォーカスしろ」

と口酸っぱく伝えていたそうです。。

つまり「最大限の成果を生み出す事だけに、エネルギーを集中しろ」という事ですね。

ジョブズにあって他の人に無かったもの

そこで、この記事では「優先順位のつけ方|生涯労力1/2、成果は2倍の6つのセオリー」というテーマをお伝えしたいと思います。

この記事に書かれてある事を理解し、実践すればあなたも

  • ジョブズのように好きな仕事で成功し、
  • 膨大な作業に追われるストレスまみれの生活から解放され、
  • 余暇やプライベートの楽しい時間まで確保できる

充実した人生が送れるはずです。

何故優先順位をつけなければいけないのか?

「人生の残りの日々を砂糖水を売って過ごしますか?それとも私と一緒に世界を変えますか?」

スティーブジョブズ

これは、ジョン・スカリーをペプシコーラから引き抜いた際、決め手となったと言われている言葉です。

そして、アップルに入社したスカリーを自宅に招いた時、ジョブズは「たいして家具がなくて、本当はもっとちゃんとしたいのですが……」と言い訳をしていたそうです。

スカリーが見たジョブズの自宅は、最高級品か、実用的な家具が少しだけ置かれ、人が住んでいる気配が無かったといいます。

(そりゃそう思うよな……って画像を下記に引用します。笑)

ジョブズの自宅での写真

Rarely seen Steve Jobs

この時ジョンスカリーは、「ジョブズはその努力の全てをアップルに賭けている」と思ったそうです。そのスカリーに対して、ジョブズはこんな言葉を口にしました。

この地球上で過ごせる時間には限りがある。本当に大事なことを本当に一所懸命にできる機会は、2つか3つくらいしかない。

スティーブ・ジョブズ

「何故優先順位をつけなければいけないのか?」は、この言葉に全てが集約されていると、私は思います。

つまり“本当に大切なことに最大源のエネルギーと時間を注ぐ為”です。

優先順位をつける上で欠かせない6つのセオリー

それではここからは、

  • 優先順位をつける上で知っておくべき事
  • 「何を重要視すべきか?」という判断基準

についての、6つのセオリーをご紹介していきます。

1.人生のピラミッド全てに優先順位をつける

優先順位について説明を始める前に、まずは下記の画像をご覧下さい。

人生のピラミッド

このピラミッドが表すのは、私達の人生における思考や行動は全て「最大の幸福度を感じたい」という事が土台になっているという事です。

誰もが幸せになりたいと……

  • 夢を達成したい
  • お金が欲しい
  • 病気を治したい

と願うのですよね?

それは例え、自殺者であっても同じです。幸せになりたいから「死にたい(死んで楽になりたい)」と考えるのです。

ですから、私たちはこの「最大の幸福度」を感じられるような目標や日々の行動を重ねていく必要があるのです。

例えば、あなたが会社員だとしますよね?

で、優先順位と聞くと

「営業成績を上げる為、todoリストを作って、緊急度と重要度に分けて…」

という小さな枠組みで考えるかもしれません。

ですが、それはあくまでも「会社の成功」を基準にした優先順位であり「自分の幸福」を基準にした優先順位ではありません。

ですのでまずは、

  • 「自分が人生で成しえたい事は何か?」
  • 「自分にとって一番大切なものは何か?」

を考える必要があります。そこで

「私はドラゴンボールより面白い漫画を書きたいんだ!」

という結論が出るかもしれません。

その場合、会社という存在は

  • 漫画家になる為の資金稼ぎ
  • 漫画家になる為の人脈作り
  • 漫画家になる為のスキル磨き

の場所に変わるはずです。

すると、そもそも論として、「今の会社ではなく、もっと漫画の事を学べる会社に転職しよう!」と気づくかもしれません。

ですから、優先順位は目的、目標、計画、行動の全てで考えなければなりません。以下の画像のように……。

優先順位は目的、目標、計画、行動、全てに必要!

※この記事では、優先順位がテーマなので、目的や目標、計画の立て方については解説しません。今後、そういった記事も公開する予定なので、しばしの間、お待ちいただければと思います。

2.自分にとっての最優先事項を見つける

まず、以下の質問に答えてみてください。

Q.あなたは以下の3つの内、どのタイプでしょうか?
①.優先順位を決められない
②.優先順位に沿った計画を上手く立てられない
③.優先順位に沿った行動が出来るように、自分を律する事が出来ない

この質問をすると、ほとんどの人が③と答えます。ですが、実は優先順位に沿って行動出来ない最大の理由は、そもそも①が出来ていない事にあります。

つまり「自分にとって重要なものは何か?」が分かっていないため、優先順位を決めれていないのです。

優先順位はあくまで、「自分の価値観」であり、偏見の固まりと言えます。

例えば、私にとって文章を書く事はとても重要です。

ですので、私は「コピーライティング」というタイトルの本を見つけると、エロ本を見つけた中学生のように興奮しますが、普通の人にとっては、「コピーライティング?何それ?美味しいの?」という感覚でしょう。

それは私にとっては重要でも、普通の人には重要ではないからです。ですので、“自分にとって”の「目的/目標」を明らかにする事が、何よりも大切です。

3.重要=「無いと困るもの」

「無いと困る」ものは何だろう?

よく優先順位について考える時「重要性と緊急性を考えて、判断しろ!」という言葉を耳にするかと思います。それはそれで正しいと思います。

ただ、一番の問題は

「じゃあ重要ってどういう意味?」

と聞くと、明確な答えを返せる人は少ないという事です。笑

それでは「これは重要だ、うーんあれも重要だよな……」という風に、曖昧な判断をしてしまいがちです。となると、無駄な行動や計画が生まれてしまいます。

そこで、「これは重要だろうか?」ではなく……

これは無いと困るものだろうか?」

と、問いかけてみてください。

衣食住に置き換えて考えると、分かりやすいかもしれません。

例えばあなたが、今この瞬間に、衣服や食事、住む家を失ったらどうでしょうか?それらが無くなってしまったら困りますよね。

だからといって、ブランドの服や、2万円の料理、ジムとプール付きの大豪邸は無くても困りませんよね?それはただの贅沢です。笑

普通の人なら、最低限の衣服と食事、住む家があれば、それで生きていけます。

あなたが、優先順位を考える時も、これと同じように

  • 最大の幸福度を感じる為に、この目的は無くてはならないものか?
  • 目的を満たす為に、この目標は無くてはならないものか?
  • 目標を満たす為に、この計画は無くてはならないものか?

と、自分に問いかける癖をつけると、人生のムダの多くを排除する事が出来ます。

4.「8割のムダを捨て、成果の出る2割」に集中する。

パレートの法則

これは80:20の法則と呼ばれる、パレートの法則から考えたものです。

パレートの法則とは……

  • ビジネスの売上の8割は、全顧客の2割が生み出している。
  • 仕事の成果の8割は、2割の時間で生み出している。
  • 所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている

というようなもので、世の中のあらゆる現象が、この法則に当てはまると言われています。

それを示しているのが、世界一の投資家のウォーレンバフェット。彼は何千とある投資対象から「ほぼ確実だと思われる10程度の案件のみに、資産のほどんどを注ぎこむ」と言われています。

彼はそのやり方で、ビルゲイツと肩を並べる世界トップレベルの億万長者となったのです。

私達も人生の成功を勝ち取る為には、リターンの高い2割の行動を見つけ出し、そこに時間と労力を注げばいい……という事になります。

あなたにとって、効果の高い2割の行動とは何でしょうか?

そして、それ以外の事は勇気を持って捨ててしまいましょう。

5.第二領域に最大限のエネルギーをつぎ込む

まずは、以下の画像を見てください。

時間管理のマトリックス

これはスティーブン・R・コヴィー氏が提唱した、時間管理のマトリックスという概念です。「七つの習慣」という本で有名なので、ご存じかもしれませんね。

あの本で書かれている重要な概念を、私なりの言葉で伝えるとこうなります。

  • 第一領域:「嫌でも対応するから意識の外へ放りなさい。」
  • 第二領域:「ここに最大限のエネルギーをつぎ込みなさい!」
  • 第三領域&第四領域:「“無くても困らない”から、回避しなさい。」

という事になります。

ただ第二領域は、予防や準備の活動なので、ついつい先延ばしにしがちです。みんな未来の計画を立てたり、健康に気を使ったり、勉強したりは嫌いですよね?笑

が、成功者は例外なく、この第二領域に力を注いできた人達です。

6.短期的利益を捨て、長期的利益を重視する

カメのように長期的にコツコツと!

日常の行動や決断で迷った時は、常に長期的な利益をもたらすものを選びましょう。

例えば、お金を稼ぎたいからと言って「銀行強盗をしよう!」というのは、目標であるお金は稼いでも、その先にある「幸せ」という目的は掴めませんよね?

同じ様に……

  • 自分のワガママ放題言っていれば、友人や彼女に愛想をつかされます。
  • ビジネスでお金を稼ぐ事ばかりに意識がいけば、お客さんは逃げていきます。
  • 「美味しいものを食べたい」と体に悪い食生活をしていては、将来病気になって苦しみます。

そんな風に目の前の利益を優先すると、長期的に不幸になる事が多いのです。逆に目先では退屈だったり、居心地の悪い状況は、長期的に利益になる事が多いと言えます。

例えば……

  • イライラする事もあったけど、子供達に愛を注ぎ続けたから、死ぬまで面倒見てくれた
  • ビジネスを勉強する日々は退屈だったけれど、お陰でお金持ちになれた
  • 過食やタバコをやめる時は辛かったけど、とても健康でイキイキと過ごせている

これらは全て、先ほど伝えた第二領域の活動となります。

特に今後、お金について、この長期的な目線をもっておくべきだと私は考えています。

例えば今の20代、30代の日本人が、おじいちゃん、おばあちゃんになる頃には、年金制度や保険制度はまともに機能していないでしょう。

もし国が財政破綻状態になれば、「明日の食費がない……」という人で溢れ、スラム街のような場所が生まれるかもしれません。

そうではなくとも、老後、まともな生活を望むのであれば、定年退職をするまでに、約6000万程度の貯金が必要だと言われています。

そこで、貯金を確保するためには、質素倹約の生活を身につかせ、起業をしたり、投資をする事を考えるべきかと思います。

一見それらはリスクが高く見えますが、長期的にみれば安定すると私は思います。

正しく優先順位をつける為のワーク

いかかでしたか?今回は抽象的な概念が多かったので、「具体的に何をすればいいんだろう?」と感じたかもしれません。

そこで最後に、この記事で紹介した6つのセオリーに対応したワークを用意しました。

生涯労力は1/2、成果を2倍にするワーク

1.日常で行っている行動を全て洗い出し、リストを作成してみて下さい。

(例:ネットサーフィンをする、英語の勉強をする、仕事に行く……etc)

2.リストの一つ一つの行動に下記の質問を問いかけて下さい。

・これは、「自分の目的や目標に合致した」行動だろうか?
・これは、「無いと困る」行動だろうか?
・これは、「成果の出る2割の」行動だろうか?
・これは、「予防や準備」といった第二領域の行動だろうか?
・これは、「長期的利益」をもたらす行動だろうか?

3.上記の質問に沿わない行動は全てカットしていましょう。

※「これが無いと絶対困る!」ってものだけを残すのがポイントです。

短期的には手間と感じるかもしれませんが、やれば人生の方向性が変わるかもしれません。

あなたの労力が1/2となり、成果が2倍になると思えば、長期的にメリットを感じていただけるのではないでしょうか?

もしこの記事がお役にたったと感じたら、
あなたのSNSでシェアしていただけませんか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エスビジョンから無料電子書籍プレゼント:普通の人が1%の億万長者になるためのトップシークレット

「あなたは既に8000万の借金を背負っている……」

と聞くと、驚きませんか?

ですが、これは嘘の話でも何でもありません……。
あなたがこのマニュアルを手に取れば、1時間以内にその意味を理解しているでしょう。

他にも……
・1%の億万長者達が必ず共通して通る3ステップ
・あなたの貯金がみるみる増えるユダヤ式節約法
・私がお勧めする時代の追い風が来る仕事、来ない仕事

などを、全2巻の電子書籍の中で提供しています。
二巻とも無料で提供していますので、あなたの経済面の健康に、是非お役立て下さい。


無料電子書籍ダウンロード

コメントを残す

*