シャーロックホームズ級の観察力を身につける9つのポイント

観察力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

霊的な観察力を持っていた小学生時代の話…

「今、好きな女の子の話をしようとしたでしょ?」
「え、気持ち悪っ!なんで俺が今言おうとした事が分かんの!?」

これはある日…私がクラスで仲の良かったケン君とかわした会話です。あの頃の私の趣味は人を観察すること、そして

「その本心をズバリ言うこと。」

私がそれをすると、大抵みな驚いたものです。その仰天した顔が面白くて、私は心理当てゲームのようなものを興じていたのかもしれません。

「何故私には人の心が見えたのか?」というとそれは、スピリチュアルな力を持っていたからではなく、無意識の内に観察する技術を身に着けていたからです。

今回の記事では、そうした

シャーロック・ホームズ級の観察力を身に着ける9つのポイント

をご紹介したいと思います。

あなたがこの記事を読めば、相手は「あ、この人は私の事を分かってくれる」と感じるようになり、親密感を抱いてくれるようになるでしょう。

また

  • 夫婦間や恋人、職場でのトラブルを事前に回避し、穏やかな日々を過ごす
  • 旦那の浮気を見つけたり、彼女がその気がどうかを知る

も出来るようになるでしょう。

それらは恋愛・ビジネス・プライベートと、様々な場面でのコミュニケーション能力を飛躍的にアップさせてくれるはずです。

ぜひ記事を読み込み、観察のプロになって下さい。

※この記事では、具体的な読心術の技術は教えていません。その前の心構えとなるものです。具体的な手法については、今後の記事で明らかにしていく予定なので、楽しみにお待ち下さい。

1.相手を観察する事を意識上にあげる

見る 観察 違い

シャーロック・ホームズが助手のワトソンに言ったセリフに、こんなものがあります。

You see, but you do not observe. The distinction is clear.

君は見ているよ、でも観察をしていない。その違いは明らかだ

ホームズが語る通り、世の中の90%以上の人は、自分が思っていること、しゃべりたい事、そんな事ばかりに意識がいっていて、相手を観察する事を忘れています。

例えば、耳栓をしながら相手の話を聞こうとする人はいないでしょう。

耳栓をしながら

「えー聞こえない~~!」

って言っていたらバカです。

ですが、相手を観るという話になった場合は、まるで目にアイマスクでもしているかのように、ほとんどの人が、そのバカに成り下がっていたりするのです。

…もう少し厳密に言えば、見ている(視界には入っている)のだけれども、それを意識上に上げて、その意味について考える人が少ないのです。

私自身、ホームズの言葉を戒めのように思っていますが、それでもしばしば忘れるくらいです。

ですから基本中の基本として、まず私が伝えるアドバイスは以下の通りです。

  • 相手を観る事を意識上にあげる(観ようと思っているだけで、OKです。)
  • 「何故それが起こったのか?」と、聞いた言葉、観たボディーランゲージの意味を考える。

これが観察の基本です。

正直これさえ出来ていれば、相手が怒っているか、悲しんでいるか、喜んでいるかなんて、表情分析や心理研究科でなくても、ある程度分かるものなのです。

2.違和感を観察する

違和感 観察

「いつもとは何かが違う・何か変だ」こうした違和感に気づいたら、それに注目して下さい。そんな時は確実に、相手にポジティブorネガティブな出来事が起こっているからです。

例えば、私の友人でよく腕組みをする人がいます。腕組みは不安感のサインである可能性が高いですが、彼の場合は不安感というより、ただのクセだと言えます。ですのでリラックスしている時にも表れます。

ですが普段腕組みをしない人が、急に腕組みを始めたら、それは大きな違和感であり、

「おそらくこの人は、何らかのネガティブな気持ちを抱いている」

と推察する事が出来ます。

例えば

  • 「やべぇ…浮気をしているのがバレそうだ…」
  • 「仕事でミスをしちまった、なんとか隠せないかな…」

という風に。

もしこの時に相手の本心に気づく事が出来れば、トラブルを未然に防ぐ事が出来るでしょう。

ですので、相手のマインドリーディングをする上で

  • 普段の相手の言動
  • 普段の表情やボディーランゲージ

そうしたものを知っておく事は重要です。(そしてそれを知るには、やはり普段から観る事を意識上にあげていなければいけません。)

そして普段のものとは違うサインが見えたら、

「何がこの違和感の正体なんだろうか?」

と考えてみてください。きっと相手の本心が手に取るように分かるでしょう。

3.前後関係を観察する

前後関係 観察

ボディーランゲージや表情分析を使ったマインドリーディングの弱点が一つあります。それは、感情は読み取れても、その理由までは教えてくれないという事です。

分かりやすく言えば

「相手が怒っているのは分かっても、その怒っている原因までは分からない」

といった事になります。

特に怒りのサインは要注意です。悲しみのサインであれば、「どうしたの?何か力になろうか?」という風に、理由を聞き出せるかもしれません。

ですが怒りの場合は「何でそんなに怒っているの?」なんて聞けば、相手を怒らせてしまいかねません。ですので、その原因となる理由をこちら側で探す必要があります。

その原因を知るコツとしては、

「その“前”の状況はどういったものだろうか?」

という風に考える事です。

例えば怒りのサインを見つけた場合であれば

  • さっき、自分が発言した言葉に対して怒っているのか?
  • 昨日、恋人と喧嘩した事を思い出して怒っているのか?
  • 消費税の増税の事を思い出してイライラしているのか?

という風に、その前後関係を考えて心理を読み取くのです。

そうして理由が分かれば、時間を置く、誤解を解く、謝る…など、その理由に適した対処がとりやすくなるでしょう。

4.情報はパズルのワンピースだと捉える

全体像 観察

よく雑誌か何かで、心理学やボディーランゲージを聞きかじった人が

「あ、口元を隠したらウソをついている!」

なんて言っているのを耳にします。このような安易な判断は危険です。

何故ならそうした思い込みは、それ以外の情報をシャットアウトしてしまい、著しく観察力を低下させてしまうからです。

まずは「思い込み、決めつけ」を捨てて下さい。

そして言語やボディーランゲージから得た情報は、パズルのワンピースのようなものだと捉えるべきです。

相手の状況や言動・ノンバーバル(非言語)のサイン、そうした一つ一つのピースを統合した結果、一枚の絵、つまり相手の本音が浮かび上がるのです。

何故なら

「ボディーランゲージや言語の意味は状況によって変わる」

からです。

例えば、子供と父親がゲームをやるとします。そして父親がわざと負けるとします。

その時父親が、隣にいた母親にそっとウインクする。これは「わざと負けたんだ」という意味あいになるでしょう。

ですが同じウインクでも、バーで出会った女性と仲良くなり、去り際にした場合はどうでしょうか?この場合は「また会おう」というアピールの可能性が高いでしょう。

言語でも同じ事が言えます。

  • 夫の浮気を発見した時に、「ケンジ!」と、怒鳴るのと
  • 夫に愛する気持ちを伝える時に「ケンジ…」と、ささやき声で話す

のでは、同じ「ケンジ」という言葉でも、全く伝わる意味合いは違うでしょう。

このように、100%の意味を示す言語やボディーランゲージなんて存在しないのです。ですので決めつけを捨て、慎重に慎重を期す事が大切だという事です。

5.心は読めないフリをする

知らないフリ

私が「心理学や脳科学を学んでいます。」という事を言うと、「じゃあ人の心が読めたりするんですか?」という事を、よく聞かれます。

そんな時は「いやいや、人の心なんて読めないですよ」と返すのですが、それは半分本当で、半分ウソです。

そんなに簡単に人の心が分からないのは事実です。が、周りの人に比べれば、私はかなり高い精度で読み取っている事も事実です。

ただ私は必ず「人の心なんて読めませんよ」と言うようにしています。何故なら「人の心が読める」宣言をしてしまうと、二つの弊害があるからです。

まず一つ目に、相手が緊張・警戒をするようになるからです。

例えば

  • 「心を読まれるのは恥ずかしいな」
  • 「やばい、あんな事やこんな事がバレてしまう」

という風に。

すると、不自然な表情やボディーランゲージが表れ始めてしまうので、こちらのマインドリーディングの妨げになってしまうのです。

二つ目の弊害としては、相手の気持ちに答える義務が生まれてしまう事です。

例えば、

  • 恋人には「私の気持ちが分かっているのに、なんで無視するの?」
  • 子供には「僕の気持ちが分かっているのに、なんで助けてくれないの?」

なんて言われかねません。

いくら心が読めて、相手が苦痛を感じていても、それを必ずしも助けられるとは限りません。

お互いの為や成長の為に、助けない方が良い事も多々あります。

ですから心を読めないフリをした方が良いのです。あなたもLINEを既読せずに、「見てなかった」なんてウソを言ったり、電話に気付いたけど出なかったりした事はないですか?

既読したり、電話に出れば答える義務が生まれる。だから知らないフリをする。それと同じです。

6.観察はさりげなく行う

慎重 観察

これは先ほどと同じ理由だと言えますが、ジロジロと観察すると、相手に嫌悪感や不安感を与えてしまいます。それは自然な反応ではないので、こちら側の判断を曇らせてしまいます。

例えば男性が女性をずっと見つめていたら

  • 「何この人、怖い…」
  • 「この人、私の胸とかお尻ばかり見てエッチな人ね…」

なんて思われかねません。

こうなると、相手からネガティブな反応が見られて、

「あれ?この人は私の事を避けているのかな?」

なんて勘違いをしてしまいかねません。本当は自分の視線に対して、ネガティブな反応が出ているのに。

ですから相手を見るときは自然に、さり気なく行う事が重要です。

7.テレビのニュースを眺めるように観察する

第三者 観察

これは私の経験則なのですが、自分のマインドリーディング・マインドコントロールの技術が、著しく低下してしまう状況があります。

それは

「本気で相手に恋をしている時」

です。

昔、私がある女性と付き合っていた時、彼女から「もうこの恋も終わりだな」というくらいネガティブなサインが出ていた事がありました。

もし友人が同じ状況だったら、「もう別れた方が二人の為だよ」なんてアドバイスをしていた事でしょう。にも関わらず、私は自分の事となると、「別れたくない」という思いから、それを信じようとしませんでした。

例えば

  • 「いや、これくらいなら大丈夫だ、まだ可能性がある」
  • 「これは違う、たまたま出たネガティブサインだ」

と捉えてしまっていたのです。まさに「愛は盲目」だと言えます。

他にも自分が悲しんでいる時、怒っている時などは、冷静な判断が出来なくなる傾向があります。そんな風に、人は自分に利害が絡んだり、感情的になっている時、周りが観れなくなってしまうのでしょう。

ですので観察は、ロボットのように冷静に行うのが好ましいと言えます。

その為に私が心がけているのが、まるで「テレビのニュースを見ているかのように」人を観察する事です。

例えば殺人事件のニュースを見ると、あなたも私も心を痛めるかもしれませんが、それでも私たちにとっては、自分の顔に出来たニキビの方が、大きな悩み事だったりしますよね?

でもテレビのニュースで芸能人が「ニキビが出来たんです」なんて言ってたら、「くだらねぇニュースだな」と感じるでしょう。そんな風に考えるのです。

人は自分事になると、冷静になれないのです。ですので自分の事でも、第三者の視点になりきって、他人事のように考えるのです。

8.ポジティブ・ネガティブ反応を観察する

ポジティブ ネガティブ 観察

人にはポジティブな気持ちとネガティブな気持ちが存在します。

具体的には

  • ポジティブ:おだやか(リラックス)、幸福(楽しい・嬉しい)、安心、好き
  • ネガティブ:怒り(イライラ)、悲しい、恐怖(不安・緊張)、嫌い

といったものです。

そして相手がどちらの感情を持っているか見極める事は、とても重要です。

何故なら、相手からネガティブな気持ちを持っているならば、何らかの問題が起こっている証拠です。

そんな時には

  • 話題を変える
  • 言い方(声のトーン)を変える
  • 表情やボディーランゲージを柔らかくする
  • 時間を置く
  • 誤解を解く

などの対応を取ることで、相手から嫌われたり、関係性が壊れたり、トラブルになったりするのを未然に防ぐ事が出来るでしょう。

逆に、ポジティブ反応が出ているのであれば、積極的になっていいと言えます。

例えば

  • 彼女はデートに誘って大丈夫だな
  • この話題が好きなんだな、じゃあもっとこの話をしよう

という風に。

そうした事は、お互いがカップルになったり、良い人脈を作ったり、ビジネスで成功する為に重要な情報を提供してくれるでしょう。

そしてどちらの感情を持っているか極める上で指標となるのが、ポジティブ反応・ネガティブ反応です。これは感情が、言語や表情・しぐさに表れた状態の事を言います。

この記事では詳しく解説しませんが

  • ポジティブ反応:笑顔、つま先や体がこちらを向く、距離感が近い
  • ネガティブ反応:腕組みをする、目元や口元に力が入っている、声が緊張している

といったものになります。

これらを読み取る事が出来るようになると、周りの人たちと良い関係性を築く事が出来るようになるでしょう。

9.無意識の部分を観察する

正直者 嘘つき

例えばあなたが誰かに怒りを抱いたとします。

そんな時にいつも

  • 「てめぇ、ムカつくぞ」なんて言ったり
  • 相手を「ギロリ」と睨み付けたり

するでしょうか?変人さんは別として、普通の人はそんな事をしないでしょう。

何故なら私たちは、幼少期の頃から

  • 「吐いた言葉は戻らない、だから言動には気をつけるんだよ」
  • 「怒っても顔に出してはいけないよ」

なんて、言われて育ってきたからです。ですので私たちの言語や表情は意識されやすく、よく嘘をつくのです。

ですが

「自分の足の向きや腕の動きにまで、イライラを出さないように気を配りなさい」

なんて言われた事はないはずです。そんな事を意識すらしていない人がほとんどでしょう。ですからこうした無意識の部分に見られるサインは、信ぴょう性が高いと言えます。

つまり、相手の本心を正しく読み取るには、無意識の部分に注目すると良いと言えます。

「では、無意識の部分とはどこか?」

というと、以下のようになるでしょう。

ボディーランゲージ>声>表情>言語

つまり手足の動きや姿勢、声のトーンは正直物であり、表情や言葉は嘘つきだという事です。

また、ボディランゲージの中でも、

足>胴体(胸・お腹)>腕と手>顔

という順番で、信憑性が高くなります。

信頼性が高い 信頼性が低い

この事から考えるに、世の中の90%以上の人が観察の仕方を間違っている事が分かります。何故ならほとんどの人は、大ウソつきの顔や言動に注目するからです。

そして、それ以外の正直者のサインには、関心すら払わない人がほとんどなのです。

ですので私は、これとは全く逆のアプローチを取る事を勧めています。

「足から上にあがるように観察をしていく」

のです。こうする事で、人の心理を正しく読み取れる可能性が高くなるでしょう。

ただこれはあくまで傾向であり、人によっても違ってきます。

例えばモデルなどであれば、日々の姿勢や立ち方にも気を配っているでしょう。つまり足や胴体も偽装がされやすいのです。

そして嘘つきの顔の表情でも、微表情と呼ばれる0.1~1秒くらい表れるものは、無意識であり、真実の言葉の可能性が高いでしょう。

要するに、

「その人の無意識な部分は何処か?」

を見極めて、読み取る事が大切だという事です。

まとめ:観察力を身につける9つのポイント

「大切なことは目に見えない」

星の王子様-サン・テグジュペリ-

これはサン・テグジュペリが書いた、星の王子様の一節です。

多くの人は目に見えるもの、耳に聞こえるものばかりを追いかけ、相手の本心を観る事に意識に向けていません。

コミュニケーションで一番大切な事は、そんな人の心に関心を払う事なのです。その為の言葉であり、表情であり、ボディーランゲージなのです。

そして観察力を身に着ければ、自分の願いを叶えるだけではなく、人々の心を癒し、苦痛から解放する力となるのでしょう。

是非、あなたも下記の9つのポイントを心がけ、観察のプロになってもらえればと思います。

観察力を身につける9つのポイント
相手を観察する事を意識上にあげる
違和感を観察する
前後関係を観察する
情報はパズルのワンピースだと捉える
心は読めないフリをする
観察はさりげなく行う
テレビのニュースを眺めるように観察する
ポジティブ・ネガティブ反応を観察する
無意識の部分を観察する

ちなみに私がこの中で最も大切だと感じるのは

「相手を観察する事を意識上にあげる事」

です。

繰り返しますが、これさえ出来ていれば、心理分析のプロでなくとも、相手から「気持ち悪っ」と言われるくらいの観察力が身につくはずです。

だって世の中のほとんどの人が、それをしていないのですから。

もしこの記事がお役にたったと感じたら、
あなたのSNSでシェアしていただけませんか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エスビジョンから無料電子書籍プレゼント:普通の人が1%の億万長者になるためのトップシークレット

「あなたは既に8000万の借金を背負っている……」

と聞くと、驚きませんか?

ですが、これは嘘の話でも何でもありません……。
あなたがこのマニュアルを手に取れば、1時間以内にその意味を理解しているでしょう。

他にも……
・1%の億万長者達が必ず共通して通る3ステップ
・あなたの貯金がみるみる増えるユダヤ式節約法
・私がお勧めする時代の追い風が来る仕事、来ない仕事

などを、全2巻の電子書籍の中で提供しています。
二巻とも無料で提供していますので、あなたの経済面の健康に、是非お役立て下さい。


無料電子書籍ダウンロード

コメント

コメントを残す

*