努力不要で目標を叶えるホメオスタシスとは|97%の無意識活用術

ホメオスタシスとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホメオスタシスとは、恒常性の事で、“生物や物体が現状を保とうとする働き”の事を言います。本来は生物学や医学などで用いられる言葉ですから

「何故これが努力不要で、目標を叶えるのか?」

と不思議に感じるかもしれません。

その為にもう少しホメオスタシスについてお話をしましょう。

あなたは風邪をひいて熱を出した経験はありますよね?実はこれは体温を上げることで、病原菌やウイルスを殺し、元の健康な状態を保とうとするホメオスタシスの働きです。

同じように……

  • スーハ―と呼吸をしたり、ドクンドクンと心臓が動くこと
  • 寒い時は身体が震えて体温を上げ、熱い時は汗を出し体温を下げること
  • 体に傷が出来ると、かさぶたが作られ、自然と治ること

これらも全て、生命維持の為に現状を保とうとするホメオスタシスの働きです。

上記のように、無意識下で自動的に行われる働きですから、私達が努力して行っている事ではありません。それも寝ている時でさえ、24時間働き続けてくれています。

実は驚くべきことに、この自動的に働くホメオスタシスの働きは、目標達成の技術として応用する事が出来るのです。

そこでこの記事では、その為の方法論をご紹介していきたいと思います。

具体的には

  1. そもそもホメオスタシスとは?
  2. ホメオスタシスが努力不要で目標を叶える3つの理由とは
  3. 自動達成装置をON!ホメオスタシスが働く2つの条件とは?
  4. ホメオスタシスを働かせる3つのアプローチとは

という流れでお話をしていきます。

是非この記事を読み、内容を実践してみて下さい。そうすれば、まるで呼吸をするように、“自然に無理なく”目標達成できる自分に出会えている事でしょう。

1.そもそもホメオスタシスとは?

まずはホメオスタシスがどういったものなのか、より理解を深める所からお話したいと思います。具体的には以下の3つについてお話をしたいと思います。

  • ホメオスタシスとは現状を維持する無意識の働き
  • ホメオスタシスは変化が大嫌い
  • ホメオスタシスは頑張らない方が働く

それぞれ、解説していきます。

1-1.ホメオスタシスとは現状を維持する無意識の働き

先ほど、ホメオスタシスは呼吸や心臓の鼓動、体温調節をしているとお話しましたが、それ以外にも沢山の活動が無意識下では行われています。

例えば、食事から排泄のプロセスなどは、その代表例でしょう。以下の画像はそれを表したものです。

食事から排泄までのプロセス

 

これらの特徴を挙げるとホメオスタシスとは

  1. 生体維持のために現状を維持する働きのこと
  2. 人の努力を必要とせず、無意識の間に働くもの

だと言えます。

例えば、上記の画像のプロセスの一つでも欠けると、生命維持が一気に難しくなります。

  • 常に満腹感を感じていたら、「いつ、どれだけ食物をとればいいのか?」が分かりません(そして食べる喜びも失われます!)
  • 唾液が出なかったら、食物をスムーズに摂取できません。
  • 心臓等の臓器が動かなければ、一日すら生き延びる事が出来ません。

私達はこれほど大切な事を、全て無意識に任せているのです。いや、意識しても不可能なのです。

「よし!栄養素を運ぶために心臓を動かそう!」

なんて事は、誰も出来ませんよね?

つまり、私達は意識レベルより、ホメオスタシスを利用した無意識レベルの方がパワフルで、賢いと言えます。その上、膨大な仕事をこなす事が出来るのです。

1-2.ホメオスタシスは変化が大嫌い

生体維持にかかせないものである一方、理想の人生を歩む時に障害ともなるのが、このホメオスタシスです。

何故なら、ホメオスタシスは現状を維持する働きですから、言い換えれば“変化が大嫌い”とも言えるのです。

例えば「ダイエットや禁煙を決意した人の9割は失敗する」と言われています。これはダイエットや禁煙をする時にも、変化を嫌うホメオスタシスの力が働くからです。

ダイエットを例にとれば、体重や摂取カロリーを突然減らす事で、体が「これは異常事態だ!危険だ!」と感じます。すると、体はホメオスタシスによって、全力で元の状態(太った状態)に戻そうとするのです。

これがリバウンドや停滞期の正体だとも言えます。

この変化を嫌う習性は、原始時代から受け継がれてきた経験によるものだと、私は考えています。

例えば原始時代から

  • 見た事がない猛獣に手を差しだしたら襲われた
  • 怪しい色のキノコを食べたら食中毒に
  • 知らない土地に移動したら別の部族に襲われた

というような経験を何万年も積み重ね、人の本能は、変化を嫌うようになったのでしょう。

とここで、賢いあなたなら

「ちょっと待って!私は自分を変化させて、理想の自分を掴みたいんだ!でも、ホメオスタシスが変化を嫌い、現状に向かうならむしろ逆効果じゃないか!?」

という疑問を感じているかもしれません。

それに対する答えは、“脳にとっての現状を変えてしまえば良い”という事になります。このあたりの説明や脳の現状を変える為の方法論は、この記事の後半で、詳しくお話したいと思います。

1-3.ホメオスタシスは頑張らない方が働く

私は昔から、成功者の自伝や伝記を読んだり、彼らのインタビューや講演を聞くのが好きでした。そして、彼らの発言に“ある共通点”を発見しました。

それは

「私は頑張ってないよ

というような言葉です。まだ若い頃の私は、その言葉を聞き「それだったら俺は、休まずに頑張ればもっと凄い事が出来る!」などと張り切っていましたが、全然上手くいきませんでした。笑

そんな風に人は、意識レベルで“頑張る”方法論では、すぐに疲れて続けられなくなるのです。

「じゃあ何もせずにボーっとしてればいいってこと?」

と言われると、また違います。何故なら成功者を目指すのであれば努力は必要です。それも一般的な人の何倍、何十倍もの膨大な努力が必要です。

ただ、私がここで強く伝えたいのは、「本人が“努力をしている”と感じてはいけない」という事です。

イメージとしては

「周りの人は僕の事を「努力してて凄いね!」って言うんだ。でも、僕は別に自分が努力しているなんて思ってないんだけどな……」

という感覚でしょうか?

こういった“頑張らない思考”を持つ事はとても大切です。(とはいえ、こう言うと「何もしなくていいんだ!」と誤解して、お花畑ランランモードに突入する人がいるから難しい!笑)

何故ならホメオスタシスは、無意識下での働きのため、頑張らない方がよく働いてくれるのです。

2.ホメオスタシスが努力不要で目標を叶える3つの理由とは

「私達は意識レベルでより、無意識レベルの方がパワフルで、賢い」とはいっても、にわかには信じがたいかもしれません。

「何故無意識を働かせることが重要なのか?」というと、その主たる理由は以下の画像の通りです。

ホメオスタシス 活用

それでは、これらの無意識を使うメリットを、1つずつ詳しく解説していきます。

2-1.「24時間ハイモチベーション」を保つストイックな人間となれる

「努力をしてはいけないけど、膨大な努力量は必要。」

この状態を言い換えるなら、“呼吸をするように努力をする”という観点を持つ事が大切です。

私達は普段、意識的な努力をせずに、24時間呼吸を行っていますよね?(これは肺がホメオスタシス器官だからです。)

例えば日常の活動中に「吸った後は吐くぞ!」とか、「寝ている間に呼吸が止まりました……」という人はいないはずです。笑

また、息をずっと止める事も出来ません。「五分間息を止めて下さい」と言われても、特殊な訓練を積んだ人以外は、2分と持たないでしょう。

それと同じように私達は、ホメオスタシスを上手く働かせると

  • 無意識の間に勝手に努力をしてしまう
  • 逆に努力を止める方が難しい

という状態を作る事が出来ます。

例えば、イチロー選手は小さい頃から何十年間も、365日ほとんど休まず、数時間の練習を続けています。きっと彼は現役をやめるまで、練習し続けるでしょう。

何故なら、仮に練習しない日があれば、

「これは異常事態だ!元の状態(練習する日々)に戻さなければ!」

と、体が反応するはずだからです。

このようにホメオスタシスを上手く活用すると、“24時間ハイモチベーション状態”を作る事が出来ます。

2-2.「97%の無意識の反射」が、自動的に正しい選択をしてくれる

人の脳は1日に5,6万回の思考をしていると言われています。ではその中で、私達が意識的に思考出来ているのはどれくらいでしょうか?

正確な数字までは分からないそうですが、だいたい“2、3%程度”だと言われています。つまり私達は普段、90%以上が無意識で思考し、活動しているという事になります。

例えば、アツアツのヤカンに手を突っ込んだら、

「アツッ!」

と声を出し、手を引っ込めますよね?

おそらくこの時に

「うむ、このヤカンは火にかけている、つまり熱いのだ。ゆえに触るとヤケドする。ヤケドになると痛いから手を引っ込めよう」

などとは考えていないはずです。笑

私達は意識的に生きていると思っていますが、実はほとんどは、このような無意識の反射によって、日々の行動を選択し、行動しています。

より具体的な例をあげると、

  • 「ダイエットしよう!」と思っていたのに、コンビニに寄ってスイーツを買う。
  • 「タバコを禁煙しよう!」と決意し、灰皿を捨てたのに、次の日には吸っていた。
  • 資格取得のため、「毎日2時間勉強しよう!」と決めた日に、友達と飲みに行く。

これらの選択には、実は無意識のホメオスタシスの働きが絡んでいるのです。これを2、3%の意志力でどうこうしようする人が多いから、みんな失敗するのです。

逆に上手くホメオスタシスを働かせれば、90%以上の無意識の反射を使えるので、上記のようなダイエット、禁煙、勉強くらいは簡単に成功させられます。

2-3.自動操縦システムで、ストレスや疲労を軽減

先ほど、“脳は2、3%しか使われていない”というお話をしました。

「では、何故脳はそれほどナマケモノなのか?」

と、疑問に感じる人もいるかもしれません。実はそれは生体維持のためです。意識的な思考は脳のエネルギーを消耗させます。

仮に脳を100%フルに稼働させたとすれば、“人はその瞬間に餓死する”と言われるくらい、脳はエネルギーを消耗する器官なのです。

ですから、脳は余分なエネルギーの消耗を避ける為に、普段は無意識で行動するようにしているのです。逆に“火事場のバカ力”と言われるように、生命の危機に瀕した時には、脳は大量のエネルギーを使い、普段ではあり得ない力を発揮出来たりするのです。

航空業界を例にとると分かりやすいかもしれません。

飛行機の操縦士は、10時間以上のフライトをする事もあります。それも時速800kmなどの超高速です。そして、大勢の旅客の命を背負う精神的なプレッシャーもあります。

ですが実際の所は、飛行機には自動操縦システム(オートパイロット)があり、離陸や着陸時以外は、ほとんど運転をする必要がありません。それはより危険な場面の為に、操縦士のエネルギーを温存するためです。

人間の脳も、このオートパイロットと同じ仕組みだと考えれば理解しやすいでしょう。

ホメオスタシス(無意識)を上手く活用すれば、ストレスや疲労を軽減しながら、自動で目標に向かう事が出来るのです。ですから他人の何倍の努力をしていても、余計なエネルギーを消費させず、疲れないのです。

3.自動達成装置をON!ホメオスタシスが働く2つの条件とは

次にあなたの頭に浮かぶのは

「何を基準にして、ホメオスタシスは働いているのか?」

という事でしょう。

簡潔に言うと、ホメオスタシス働かせるための条件は、

  1. 目標設定をして、理想のセルフイメージを作ること
  2. 「現状のリアリティ<理想のリアリティ」とすること

の二点になります。ここからはこの2点についてご説明します。

※セルフイメージとは自己像の事で、「自分が自分の事をどのように思っているか?」というようなものです。そしてホメオスタシスを上手く活用するには、セルフイメージの理解が欠かせません。あまり馴染みがない方は《セルフイメージとは夢を叶える3%の人が共通して使う技術のこと》という記事を参考にして下さい。

3-1.目標設定をして、理想のセルフイメージを作ること

「飛行機は自動操縦する事が出来る」と先ほどお伝えしましたが、目的地を設定しなくては、オートパイロットは、使えません。

これは私達も同じで、まずは「あなた望むべき目標を脳内に与える」必要があります。

それから「望むべき結果を手に入れているとしたら、今自分は何をしているべきだろう?」と想像します。これが理想のセルフイメージです。

具体例をあげましょう。

「3年後、年収1000万になる」が目標だとします。

次に

「3年後、年収1000万円になるならば、“今自分はどんな思考・行動をしているか?”」

を考えます。これに出てくる回答が、あなたの理想のセルフイメージです。

まずは、このセルフイメージを形作る事が、ホメオスタシスを働かせる、第一条件となります。

例えば現在、何のコネも能力もない年収300万の人が、3年後、年収1000万を達成しているとしたら、

  • だらだらとYoutubeを見て、不健康な食生活をしているでしょうか?
  • 毎日のように飲み会に出かけたり、遊んでいるでしょうか?

そうではないはずです。おそらく

  • 既に年収1000万以上の人をリサーチする
  • ビジネスを起こすために給料の2割と、ボーナスを全て貯金する
  • ビジネスの専門知識を蓄える為、月に10冊本を読む

などの行動を取っているはずです。一秒すら無駄にしている暇はないと感じるはずです。

この「リサーチする自分」「貯金をする自分」「月に五冊本を読む自分」というのがセルフイメージになります。まずは、こういったイメージをカタチ作る必要があります。

3-2.「現状のリアリティ<理想のリアリティ」とすること

理想のセルフイメージをカタチ作ると、二つの存在が葛藤を始めます。(まるで天使と悪魔のように……)

例えば

  • 現状の自分:毎日遊びに行く自分
  • 理想の自分:毎日本を読む自分

などです。

そして、ホメオスタシスはこれら二つの板挟みになり、「どちらかにしようかな?」と迷います。

ホメオスタシス 現状

 

ですが残念な事に、大抵はこの時、ホメオスタシスは現状の自分に矢印が向きます。“本を読み賢くなろうとする事を変化とみなし、嫌がるのです。そして、遊びに行く自分を選択するのです。

これが、多くの人がダイエットや禁煙、資格取得の勉強に失敗する原因です。もちろん、理想の自分にホメオスタシスの力の矢印が向き、これらを成功させる人もいます。

では、

  • ホメオスタシスが理想の自分に向かう人
  • ホメオスタシスが現状の自分に向かう人

「この違いがどこから生まれるのか?」

というと、それは“リアリティ”です。

ホメオスタシスは自分が真実だと思っている方に向かうように出来ています。「本を読むのが本当の自分だ」と思っていると、そちらにホメオスタシスは働くのです。

ですから例えば「年収1億稼ぐぞ!」と目標を立てながら、心の中で「俺は年収500万の男だ……」と思っていてはいけません。

周りからの評価や、現状の自分がそうでなかったとしても、「年収1億の方が現実」と勘違いする事が大切なのです。

そうして、

「現状のセルフイメージのリアリティ<理想のセルフイメージのリアリティ」

とすれば、ホメオスタシスが理想のセルフイメージの方へと働き始めるのです。そうなると、それを達成する為の努力は、呼吸や心臓と同じように行われ、止める事すらできなくなるのです。

結果として、理想のセルフイメージ像は達成されるという事です。

ホメオスタシス セルフイメージ

4.ホメオスタシスの働きを高める3つのアプローチとは

ホメオスタシスを働かせるためには、セルフイメージをカタチ作り、そのリアリティを高める事が必須だとお伝えしました。

この記事はホメオスタシスについての記事なので、その具体的な方法論については《セルフイメージとは?》の記事に譲るとして、この記事ではホメオスタシスの働きを、より高める方法について考察してみたいと思います。

具体的には

  1. 毎日行うことを決め、スケジュールに組み込む
  2. 瞑想により、自律神経を整える
  3. 自然治癒アプローチ

の三つのアプローチになります。それでは1つずつ解説していきたいと思います。

4-1.毎日行うことを決め、同じことを繰り返すこと

勉強や練習など、何かに取り組む時のコツとして、“毎日”行う事を心がけて下さい。

何故ならホメオスタシスは「現状を維持する働き」なので、習慣化してしまい、先に現状を作ってしまえば、逆にやめる事が困難になるからです。

その為に

  • 本を読むと決めたら、毎日15分でも読む
  • 筋トレをすると決めたら、毎日1セットは必ず行う
  • ニュースや論文を読むと決めたら、毎日30分は目を通す

という風に、何かをやる時は「毎日継続するぞ!」と、事前にルールを決めてしまう事です。

いきなり毎日2時間本を読む、といった事が難しいなら、15分からスタートすれば良いです。

15分でも毎日続ければ、その時間は少しずつ30分、1時間、2時間…と伸ばしていくのが簡単になります。これは集中力を司る前頭葉の働きが、小脳へと移行していくからです。

そうすれば、長時間の勉強などでも、無理なく習慣化出来ます。

前頭葉 小脳

また、より効果を高めるためには“これらを行う時間や手順”なども決めておくと良いでしょう。

例えばイチロー選手は、

  • 朝にカレーを食べ(現在はそうめん)
  • →球場でストレッチを決められた順序でこなし
  • →バッターサークルでは、一定の同じ動作を行い
  • →家に帰ったら筋トレをして……

という風に、だいたいが“同じ時間、同じ内容、同じ手順”で一日を過ごしています。

確かイチロー選手と脳科学者の茂木健一郎氏が対談する番組があったと思うのですが、その時に茂木健一郎氏も「無意識を使う上で効果的」とコメントしていた覚えがあります。

これらを行うコツは、スケジュールを作ってしまう事です。例えば、私の朝の行動は毎日決まっていて、少しご紹介すると……

朝のルーティン行動
05:00 起床
05:00-05:30 アラームを止める→レモン水を飲む→アファメーションを行う→サーキットトレーニングをする→予定チェック
05:30 ライティングを行う
06:20 朝食→歯磨き
06:40 ライティングを行う
07:30 お風呂に入る→身だしなみを整える
  ……以下略

というようなものになります。こうしてスケジュールを決めておくと、時間や労力を最小限に留め、より高いパフォーマンスを上げる事が出来るようになります。

※こういったルーティンをイチロー選手のように、最大限活用する方法論については、《トップアスリートの秘密、ルーティンを人生全てに応用する5つの手順》で公開しています。超一流を目指している方は、是非読んでください。

4-2.瞑想により、自律神経を整える

ホメオスタシスを正常に働かせるためには、自律神経のバランスを整える事が重要です。

自立神経は、交感神経と副交感神経という二つの神経によって成り立っていて、それぞれ、以下のような役割があります。

交感神経 副交感神経

 

現代はスマホやテレビなどの刺激に溢れ、副交感神経が優位に働くタイミングが少なくなってきていると私は感じます。そしてそれがホメオスタシスの働きを狂わせ、「ウツ病やガンなどの病気を引き起こしているのではないか?」とも考えています。

ですから、健康の為にも、パフォーマンスの為にも、定期的に“絶対的な休息時間”を作る事が大切だと思います。

脳科学の世界でも、脳を十分に働かせるには、何もしない休息の時間を作ると良いと言われています。(デフォルト・モード・ネットワークとも呼ばれます)

その為に、お勧めをしたいのが、静かな部屋で目をつぶり、瞑想を行うことです。

瞑想時をする時のコツは以下の3点です。

  1. 呼吸を出来るだけゆっくりと長く行うこと
  2. 全身をタコのように緩めていくこと
  3. 意識は呼吸だけに一点集中し、雑念を極力消すこと

こういった事を「疲れたな……」と感じた時にでも、たった15分程度おこなうだけでも、ウソのようにストレスや疲れが無くなりますよ。(瞑想の達人ともなると、15分で2時間寝たくらいの回復力があるそうです。)

※より詳しく瞑想や休息のやり方については、《世界のトップ達が推薦!集中力を長く持続させる絶対的休息法》という記事をご覧下さい。

4-3.自然に沿った生き方をする

ホメオスタシスは、元々生体維持の為に備わったものです。ですから私は、“生物らしくない行為”をすることで、働きが悪くなると考えています。

「生物らしくない行為とは何か?」

というと、自然に反した事をすることです。逆に言えば、自然に沿った生き方をすることで、よりホメオスタシスが正常に働くのではないか?と思います。

「では、自然に沿った生き方とはどんなものか?」

というと、以下のようなアプローチをしてみて下さい。

4-3-1.薬は極力飲まない

私達が風邪をひいた時、体温が上がりますよね?これは、風邪の菌を殺す為に行われるホメオスタシスの働きです。

ですが、その働きを解熱剤などを飲んで防いでしまうと、体に備えられたシステムが狂ってしまいます。もちろん解熱剤だけでなく、胃腸薬や咳止め、抗生物質など安易に飲むのは、体という精密なコンピューターに、ウイルスを送り込むようなものです。

4-3-2.自然に近い食べ物を食べる

自然に近い食べ物とは、

  • とれたてピチピチの新鮮な食品
  • 油やフライパンで調理されていない生のもの
  • 食品添加物が入っていない、加工されていないもの

などの事です。

こうした食べ物は、“生きた食事”だと言えます。何故ならエンザイム(酵素)が豊富に含まれており、消化・吸収・代謝・排泄などのホメオスタシス器官の働きを助けてくれます。

Attention!

自然に近い食べ物を選ぶ方法論は

簡単実践!真の集中力を引き出す、食べ物を選ぶ23のアドバイス》で、

自然な調理法や食事法については

集中力を高める食べ物の調理・時間・食べ合わせ・食べ方20のルール》で、

でご紹介しています。

どちらも“集中力”をテーマにしていますが、全て、脳と心と体を若返らせるアプローチですので、是非ご一読いただければと思います。

4-3-3.四元素を感じる(火・風・水・土)

四元素とは、この世界の物質は、火・風・水・土の4つの元素から構成されるとする概念の事で、プラトンやアリストテレスの時代から、現代の医学まで通じる考え方です。(※詳しくはWikipediaの《四元素》のページをお読み下さい。)

これらの要素を日常に取り入れる事によって、自然に沿った生き方が出来て、ホメオスタシスの働きを正常に戻す事が出来ると、私は考えています。

具体的には下記のようなものです。

四元素を取り入れよう!
火   太陽の光を浴びる、体温を上げる活動をする(お風呂、運動)
外の空気を取り入れる、深呼吸をする
ミネラルウォーターを一日1.5~2リットル摂取する
大地の恵みを吸収した食物を食べる、土に触る(栽培する)

 

 

5.まとめ:ホメオスタシス、97%の無意識活用プランとは

最後に、ここまでご紹介してきた、ホメオスタシスについてのまとめを書き、終わりにしたいと思います。

ホメオスタシス、97%の無意識活用プラン
◇そもそもホメオスタシスとは?
・現状を維持する無意識の働きで、変化が大嫌い
・頑張ったり、努力をしない方が働く
◇ホメオスタシスを活用するメリットとは?
・24時間ハイモチベーションを保つストイックな人間となれる
・97%の無意識の反射が、自動的に正しい選択をする
・自動操縦システムで、ストレスや疲労を軽減できる
◇ホメオスタシスが働く上で欠かせない2つの条件とは?
・目標設定をして、理想のセルフイメージを作ること
・「現状のセルフイメージのリアリティ<理想のセルフイメージのリアリティ」とすること
◇ホメオスタシスの働きをより強める3つのアプローチ
・毎日行うことを決め、同じことを繰り返すこと
・瞑想により、自律神経を整える
・自然に沿った生き方をする

 

是非、上記のプランを実践し、“自然に無理なく”努力不要の目標達成して下さい。

もしこの記事がお役にたったと感じたら、
あなたのSNSでシェアしていただけませんか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エスビジョンから無料電子書籍プレゼント:普通の人が1%の億万長者になるためのトップシークレット

「あなたは既に8000万の借金を背負っている……」

と聞くと、驚きませんか?

ですが、これは嘘の話でも何でもありません……。
あなたがこのマニュアルを手に取れば、1時間以内にその意味を理解しているでしょう。

他にも……
・1%の億万長者達が必ず共通して通る3ステップ
・あなたの貯金がみるみる増えるユダヤ式節約法
・私がお勧めする時代の追い風が来る仕事、来ない仕事

などを、全2巻の電子書籍の中で提供しています。
二巻とも無料で提供していますので、あなたの経済面の健康に、是非お役立て下さい。


無料電子書籍ダウンロード

コメント

コメントを残す

*