簡単実践!真の集中力を引き出す、食べ物を選ぶ23のアドバイス

集中力を引き出す食べ物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は「集中力を引き出す食べ物の選び方」というテーマで書いています。

が……真の集中力というものを考えた時、私は「青魚を食べよう!」というような狭い範囲で捉えていてはいけないと思っています。

例えば……

  • 落ち込んだり、クヨクヨする事なく、24時間明るい精神状態でいること
  • 高い記憶力や明晰な頭脳を保ち続けること
  • 病気知らずで疲労感なくイキイキとしていること

そういった要素が組み合わさって生まれるのが、真の集中力だと思います。

そして、これらはあなたが、充実したプライベートを過ごし、仕事で成功し、収入を増やし、とろけるような恋愛をする為にも、必要な要素となります。

ですので、この記事でご紹介するのは、集中力だけに留まらない、上記の要素を含んだ

「心と脳と体を若返らせる23の食事アプローチ」

となります。また、あなたも今日からすぐに、取り組む事が出来るものばかりなので、安心して下さい。

そして、これらの食事論は、私が健康や生理学などの本を読み漁って身に着けた知識や、以前、健康食品会社で働いていた経験から生まれたものです。

実際に私が実践しているものばかりで、その恩恵を受けています。つまり、効果は折り紙付きなので、是非実践して、あなたもそれを体感して下さい。

1.本当の集中力は、食べ物から作られる

私は真の集中力を生み出すためには、以下の三つの要素が必要だと思っています。
真の集中力を生み出す3つの要素
つまり、心・脳・体の三つを健康にすることによって、本当の意味での集中力は手に入るのではないでしょうか?

そしてこれらは、私たちが日ごろ口にしているもので生まれてきます。まずはその事を以下でお伝えしていきます。

1-1.明るい心は食べ物から作られる

オーソモレキュラーという栄養療法をご存知でしょうか?

これは、良い食事をとることで、ウツ病などの心のトラブルを治療をするために、実際に医学の世界で使われる手法です。

それに示されるように、実は私達の心と食べ物は、深い関係性があります。

例えば、以前の私は躁鬱気味で、以下のような経験を何度もしていました。

  • 「自分なんて生まれてこなければ良かった」と感じてしまう
  • アパシー(無気力)になり、家事や日常生活すらまともに出来なくなる。
  • 会社に行けなくなり、人と電話やメールすら出来なくなる

こんな状態では集中して仕事をするどころではないですよね?

そして思い返してみると、私がこうなっていた時は、必ず食生活が乱れていたのです。

何故なら私達の気分は、セロトニンやドーパミンなどの、脳内の神経伝達物質によって作られます。そして、これらの脳内の物質は、日々の食事の栄養から生まれるのです。

1-2.冴えた頭脳は食べ物から作られる

実は食べ物と、頭の賢さも、深い関係性があります。例えば、お酒でベロベロになった状態で、集中力を発揮して本を読み、内容を記憶するのは難しいですよね?

同じように、私達の食生活は、人間の知能に多大な影響を与えるのです。

それを証明するデータがあるので、ご紹介します。

 

マルチビタミンとマルチミネラルの摂取で、子供のIQが10ポイント高まった

イギリスのスウォンジー大学

白砂糖の消費量が高いグループは、低いグループに比べ、IQが25%低い

マサチューセッツ工科大学

つまり、集中力や記憶力、注意力や判断力を高めたいのであれば、食べ物のクオリティを高めれば良いと言えます。

1-3.病気のないイキイキとした体は食べ物から作られる

健康的な体と食生活が関連している事は、常識かもしれません。

ですが、健康状態がどれだけ自分のパフォーマンスに影響を与えるのかを、考えている人は少ないと感じます。

「健康は大切」と言いながら、添加物一杯のコンビニ食品をバクバク食べ、砂糖たっぷりのジュースやお菓子を貪り、タバコやアルコールに依存する人もいます。笑

それらが魅力的なのは、私も理解出来ます。

ですが例えば

  • インフルエンザにかかって、40°の熱がある
  • めまいと耳鳴りと頭痛がひどい

こんな状態で、集中して仕事なんて出来るでしょうか?

また頭髪は白髪だらけ、顔はニキビやシミだらけ、体はメタボリック……とこんな状態で人生を楽しめるのでしょうか?

私達はもう少し、食べ物と真剣に向き合う必要があると、私は考えています。

2.集中力を倍増させる食べ物を選ぶ三つのコツ

先ほど、集中力を引き出す為には、心と脳と体の3つの健康が重要だとお伝えしました。次にあなたの頭に浮かぶのは

「それらの健康はどんな食物を食べれば、手に入るのか?」

という事でしょう。下記の画像を見てください。これは、それらを手に入れる為に、私がお勧めしている“食事の基本的な考え方”です。

食事の基本的な考え方

それでは、以下で詳しくご説明していきましょう。

2-1.ウルトラオーガニック志向

食べ物と関わっていく中で、まず考えて頂きたいのが、ウルトラオーガニック志向です。これは、シンプルに言えば

「自然な食物を自然な形のまま摂取する」

という考え方です。

ですが、世の中には、自然でない食物が溢れかえっています。例えば、添加物まみれの食品、農薬まみれの野菜…etc

これらは便利ですから、つい頼りたくなりますし、私自身、完全無縁の生活は出来ていません。(というか、現代ではほぼ不可能でしょう。)

ただ、こういったものは、本来食物に宿っている「命のエネルギー」を無視したものです。

私達の体は、遺伝子や細胞、微生物などで出来ている、いわば命の集合体といえます。ですが、命のエネルギーが宿っていない食物は、それらの命を奪っていくのです。

ですから、食べ物でを選ぶ時「これは自然で命の宿った食べ物だろうか?」と考えれば、自ずと答えは見つかるでしょう。

2-2.腸キレイ食事法

万病一元論というものをご存知でしょうか?これは「病気はただ一つの原因から始まる」というような考え方です。

有名な所では、納税日本一の健康食品会社の社長の斎藤一人さんが推奨されている考え方ですね。彼は「全て病気の原因は血液の汚れから始まる」と伝えられています。

「では、血液をキレイにする為にはどうすれば良いのか?」というと、腸をキレイにし、腸内細菌のバランスを整えれば良いのです。

以下の画像を見てください。これは、正常な腸がどのような働きをしているかを示したものです。
正常な腸が人体に与える影響

基本的にこういったプロセスで人間の体は出来上がっています。ただ、これはあくまでも正常な腸の場合です。

腸内環境が乱れてくると、彼らの仕事である

  • 栄養素を吸収する
  • 老廃物を排泄する

という二つの大事な働きが阻害され始めます。

下記の画像を見て下さい。これは汚れた腸がどのような影響を与えるか示したものです。

汚れた腸が人体に与える影響

つまり、腸が汚れると、私たちの心と脳と体に甚大な被害を与えるようになっていくのです。また、胃も大切と言えます。何故なら、胃が上手く消化しなければ、腸に負担がかかるからです。

ですので、私がこの後に紹介する食べ物の選び方は、この「胃や腸の働きを助ける」という考え方に基づいて生まれています。

2-3.食の黄金バランス

食生活を考える上で、もう一つ重要視するべきなのが“食のバランス”です。

ですが巷では……

  • ○○ダイエットで痩せられる!
  • 集中力を高める為はピーナツ!
  • 断食・野菜だけ食べる生活を始めよう

というような情報が溢れかえっています。こういった偏ったダイエット、健康法で良い脳や体が作られるとは思いません。

実際私自身は、上記のような事も試してきましたが、「健康だ」と感じた事がありません。何故なら、人の脳や体は、様々な栄養素が協力体制を作り、生み出されているからです。

例え体の一部分に良くても、体全体に良いとは限りません。もう少し、広い視野で全体的なバランスを考える必要があるのです。

3.集中力が溢れる食べ物と、絶対に避けるべきもの

心と脳と体を最高に健康にする食べ物は……

  • ウルトラオーガニック志向
  • 腸キレイ食事法
  • 食の黄金バランス

でしたね?

ここからは、それらを踏まえた“食べ物の選び方”についてお伝えします。難しく感じるかもしれませんが、実践はシンプルなので、安心して下さい。

3-1.スローリリース食品を選ぶ

高い集中力やクリアな頭脳を手にする為には、脳内のブドウ糖が必要です。

「糖の補給?じゃあご飯やチョコレートを一杯食べればいーじゃん!」

と考えたくなりますが、それは少し違います。

何故ならそういった食品を大量にとれば、急激に血糖値が増加するからです。そして、急激に上がった血糖値は急激に下がってしまうのです。

血糖値が上がる時は、いいのですが、それを下げる為にインシュリンが体内で大量に分泌されます。その影響で……

  • イライラしたり、不安感が生まれる
  • 集中力や記憶力、判断力が低下する
  • 肥満や糖尿病の原因になる

といったデメリットが発生してしまうのです。

ですので、心と脳と体の健康の為には、血糖値がゆるやかに上昇する、スローリリース食品を摂取する事が大切です。

3-1-1.GI値が低い食品をチョイスする

次に考えるのが、

「血糖値を急激にあげない食べ物ってどんなものだろう?」

という事でしょう。

そこで、知っておきたいのがGI値(グリセミック・インデックス)です。これはブドウ糖を100として、食品の血糖値の上昇具合を示すものです。

シンプルに言えば、このGI値が低いほど、血糖値の上昇がゆるやかで、食べるのが好ましいと言えます。

そこで下記にGI値の表を作ったので、参考にしてみて下さい。

高GI食品
白砂糖 110 うどん 85
キャンディ 108 85
ブドウ糖 100 白米 84
菓子パン 95 そうめん 77
チョコレート 91 胚芽米 70
食パン 91 トウモロコシ 65
じゃがいも 90 スパゲティ 65

 

低GI食品
玄米 55 牛乳 30
そば 54 トマト 30
サツマイモ 54 ヨーグルト 25
全粒粉パン 50 コーヒー 16
肉・魚介類 40-50 大豆 15
チーズ 35 野菜・海藻類 15
30 キノコ類 15

 

コツとしては、一つ一つの食品を覚えるのではなく、

「GI値の高い傾向があるのは、どういった食品か?」を覚え、それを食べ過ぎない事です。

例えば……

  • 炭水化物(主食)はGI値が高い傾向にあるので食べ過ぎない(玄米や全粒粉パンはOK)
  • 糖分が多いもの、特に菓子類は避けるべき
  • 肉・魚・野菜・大豆・キノコなどは、気にしなくてよい

※この結果から、私は主食を玄米に変えようと検討していますが、まだ自分が試していないので、何とも言えません。笑

3-1-2.お菓子、ジュース類は避けなさい

甘いものは、先ほどお伝えしたGI値が高いので、避けたほうが良いと言えます。

例えば

  • 砂糖たっぷりのドーナツ
  • とろけるようなチョコレート
  • 甘い甘いジュース

こういったものはついつい手が伸びてしまいます。私も大好きですが、脳や体の事を考えると手が止まってしまいます。

「いやいや、甘いものを食べたらやる気でるよ?」

と思うかもしれません。

が、先ほどもお伝えした通り、それは一時的なもので、結果としては、集中力が低下してしまうのです。そして、こういったものは科学物質も含まれている可能性が高いと言えます。短期的な欲望で、人生を棒にふりたくないのであれば、避けたほうが良いでしょう。

3-2.カット前の食べ物

サーモンのブロック

これは、包丁などで切られていない、自然の形のまま売られているものをチョイスするという事です。

例えば、

  • 肉や魚は切り身ではなく、ブロック(もっと言えば丸一匹。笑)
  • カット野菜ではなく、丸ごと

のような食材を、出来るだけ選ぶようにします。

何故ならカットされた食材は、空気に触れる事で酸化し、その分腐敗が進んでいるからです。逆にカットされていないものは、それだけ新鮮で栄養価も高いと言えます。

手間に感じるかもしれませんが、値段も安いですし、カット前の食材はお勧めですよ。

3-3.とれたてピチピチの食べ物

食材を選ぶ時、出来るだけ新鮮なものを選んだり、購入後はすぐに食べるようにしましょう。

何故かというと、とれたての果物や魚にはエンザイム(酵素)が豊富に含まれているので、美味しい上に、健康的と言えるからです。

具体的な実践方法は

  • 安くても、賞味期限の近い見切り品などは買わない
  • 毎日スーパーに行き、一日分の食材だけ買う
  • 冷蔵庫に食材をためないようにする

などが考えられますね。

3-4.旬の食べ物

食材を選ぶ時は、旬の食材を優先して選ぶようにすると好ましいです。何故なら

  • 値段が安い
  • 美味しい
  • 新鮮で栄養価が高い

という嬉しいメリットだらけだからです。

逆に、旬ではない食材は、何らかの形で自然に逆らっているので、栄養価や味の面でデメリットが多いと言えます。

※「旬の食材って何だっけ?」という方は、しょうゆでお馴染みのキッコーマンさんが、《旬の食材事典》というページで詳しく紹介しています。参考にしてはいかがでしょうか?

3-5.有機食品を食べる

これは、農薬や化学肥料などを使わずに育てた食品の事で、一般的に「オーガニックフード」と呼ばれるものです。

これらは普通の野菜や肉と比べて

  • 抗酸化物質や栄養が豊富に含まれている
  • 健康被害のリスクが少ない

といった利点があります。

スーパーなどでも売られていますが、その分値段が高いというデメリットもあります。ただ、可能な限りこういった食品をとる方が望ましいでしょう。

3-6.質の良い油をとる

私達の脳や体を正常に働かせる為には、オメガ脂肪酸などの、“良い油”が欠かせません。これらは食物から取るのベストで、青魚などに豊富に含まれています。

ですが、世の中には悪い脂肪酸もあり、その代表が、トランス脂肪酸です。これは、がんや糖尿病、脳梗塞や心筋梗塞の原因になると報告されています。

実は、私たちが普段使っているサラダ油などは、トランス脂肪酸が含まれています。ですので、油を使った料理というのは、出来る限り避けましょう。

以下によい油と悪い油が含まれている食品リストを用意したので、参考にしてみて下さい。

良い油 避けるべき油
オリーブオイル(注1) サラダ油、ごま油
ナッツ類 揚げ物全般
魚類(特に、サバ等の青魚) お菓子類
豆類 マヨネーズ
穀物(玄米、とうもろこし) コーン油

 

この表から分かる事は

  • お菓子は油も悪く、GI値も高い最悪の食べ物!
  • 油は、魚などの普通の食品から取るものだけで、十分!
  • 揚げ物は極力避けなさい!

といった所でしょうか。

※注1.オリーブオイルは“エキストラバージンオイル”と書かれたものに限ります。それ以外は、避けるべき油になるので注意しましょう。

3-7.精製塩を避け、自然塩を使う

あなたは塩に対して、「体に悪い」「高血圧の原因になる」といったイメージを持っていませんか?

塩は、こういった健康被害を引き起こすと考えれています。が、それは、塩化ナトリウムだけを取り出した、一般的な食卓に並ぶ食塩だけなのです。

実は、海水から水分を蒸発させて自然に作られた塩は、高血圧にはなりませんし、むしろ積極的にとった方が良いと言われています。

何故ならこれらには、カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、といったミネラルがバランスよく含まれているからです。

ただ、どの塩がOKで、どの塩がNGなのかの見分けがつかないかもしれません。そこで、それらを見抜く方法を下記に用意したので、見て下さい。

自然塩と精製塩の見分け方

上記を基準にして、あなたの家にある塩をチェックしてみて下さい。もし、精製塩であれば、今すぐゴミ箱に入れ、自然塩を購入する事をお勧めします。

また、いかにも健康志向というべきか、“減塩”と表記が書かれてある食品があります。ですが、ああいったものは科学物質を使い、味を調整したり、防腐剤を入れたりしている為、避けた方が無難です。

3-8.加工食品を避ける

食べ物を選ぶ際、出来るだけ調理されていないものを選ぶほうが良いでしょう。

何故なら、製造過程で添加物を入れたり、酵素やビタミンなどの栄養素が破壊されている事が多いからです。

実際に私自身、そういった食品ばかり食べていた時は、

  • 精神的に落ちこみウツ状態になる
  • 顔にニキビや肌にできものができる

といった事がよくありました。

特にレトルト食品、インスタントラーメン、コンビニのお弁当、スーパーのお惣菜、といった調理せずに食べれるものは避けたほうが無難です。

3-9.極力、食品添加物を避ける

食品添加物が、体に悪い事はあえて説明する必要がないかと思いますし、誰もが避けたいと思っているでしょう。ただ、もしかしたら

「どの食品に添加物が入っているかどうかが、よく分からん!」

と考えられているかもしれません。

そこで、添加物を見分ける三つのコツをご紹介します。

それは

  1. まずは「/」が入っているかをチェックする
  2. 「/」がない場合、食品原料と添加物の境目を探す
  3. 添加物の多くは○○剤、○○料と名前がつくので、それ以降の食品を避ける。

というものです。

とはいってもこれだけでは、イメージが沸かないと思いますので、缶コーヒーを例にあげてみましょう。

おそらく、缶コーヒーの成分表示は、下記のようなものが、書かれていると思います。

◆名称:コーヒー

◆原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、

全粉乳、デキストリン/乳化剤、香料、

カゼインNa、甘味料(アセルスファムK)

 

で、一番簡単に見分けるコツは「/」が入っているかどうかです。例では、デキストリンの後に「/」がありますよね?

この場合、デキストリンの後の、乳化剤以降は添加物だと言えます。

ただ、これは完璧な方法とは言えません。何故なら「/」を表記していないものもあるからです。その場合は自力で見つけ出す必要性があります。

ただ、幸い成分表示は、食品原料→添加物の順に書くことが決まっています。つまり、その境目を見つければ良いのです。

そこで、判断基準となるのが、○○剤、○○料と書かれているかです。これらは添加物の可能性が高いからです。コーヒーの場合なら乳化剤や香料、甘味料と書かれていますよね?

もし、「/」がない場合は、この乳化剤を手掛かりにして、「あぁこれ以降は添加物だな」と判断すれば良いのです。

こうすれば、簡単に添加物が入っているか見分けられるでしょう。

ただ、私も実践していますが、添加物を完全ゼロにするのは難しいです。(てゆーかほぼ不可能)ただ、こういった事を気をつけるだけでも、かなり健康被害は防げるはずです。

※添加物の恐ろしさについては、IN YOUさんの《危険度レベル「高」。これだけは避けたい、特にハイリスクな添加物リストをまとめました。》という記事の中で、詳しくまとめられています。美容や食品関係の記事も豊富なので、興味がある方は読んでみると良いでしょう。

3-10.牛乳は飲まない

コップにたまった牛乳

牛乳は、タンパク質やカルシウムが豊富で、一般的には「健康に良い」「背が伸びる」などと、言われています。

確かに牛乳にはそういうメリットもあるのですが、デメリットの事はご存知でしょうか?

実は一般的に市販されている牛乳は

  • 含まれるカゼインが胃で固まり、消化に悪い
  • 製造過程でホモゲナイズ(混ぜて均一化すること)する事で、酸化している。
  • 高温消毒によって、エンザイム(酵素)が失われている

という危険な側面を、含んだ飲み物なのです。

例えば、市販の牛乳を子牛に飲ませると、4,5日程度で死んでしまうそうです。それくらい市販の牛乳はデメリットが大きいのです。

確かに乳幼児や少年期は必要な栄養素が豊富な為、まだ飲むメリットはあります。ですが、成人してからはデメリットが大きく、飲まないほうが良いと感じます。

実際に動物界で考えると、大人になってからも、牛乳を飲み続けるのは、人間だけです。その子供の飲み物を大人になってから飲むのは、危険だとは、思いませんか?

※乳幼児がお母さんから飲む母乳に関しては問題ありません。

3-10-1.乳製品も避ける

乳製品も、牛乳を使っているので、極力避けるべきだと思います。

例えば

  • マーガリンやバター
  • ヨーグルトやチーズ
  • クリームやミルクコーヒー

などですね。

ヨーグルトやチーズは、一般的に「体に良い」とされるものですし、牛乳に比べればデメリットは少ないでしょう。とはいえ、やはり食べ過ぎは注意です。

例えば腸内細菌に良いとされるヨーグルトでさえ、常食している人の腸を調べると、ひどい状態になっていると言われています。

私自身もチーズは好物なので、つい食べてしまいますが、食べ過ぎないようにしたい所ですね。

3-11.発酵食品を沢山食べる

実は、人間が生み出した食品の中で、唯一良いとされているものがあります。それが発酵食品です。これらが良いとされる理由は、腸内細菌を良い状態に保ってくれるからです。

まずは以下に発酵食品のリストを作成したので見てください。

発酵食品リスト

これらは、一日に一食くらいのペースで、積極的に取り入れると良いでしょう。特にキムチや納豆、豆腐などは取り入れやすい食品ではないでしょうか?

ただ前述したとおり、ヨーグルトやチーズはお勧め出来ません。また、ビールやワインなども発酵食品ですが、アルコールが混じるのでNGとしています。

3-12.良い水で水分を補給を行う

「私達の体のほとんどは、水分で出来ている」とよく言われます。が……実は脳の約80%も、水分で出来ている事はご存知でしょうか?

であれば、水分補給と集中力が関連している事は、容易に推測が立ちますよね?

実際に、以下のようなデータがあります。

知的作業に集中する前に、約0.5リットルの水を飲んだ人は、飲まなかった人より14%反応が早くなる

(イースト・ロンドン大学とウエストミンスター大学)

また水分は、血液やリンパの流れをよくしてくれます。

それによって

  • 新陳代謝を促し、体を若く保てる
  • 免疫力を高め、風邪やその他の病気にかかりにくくなる

というようなメリットがあります。ただ、水分補給にもコツがあるので、以下で紹介していきます。

3-12-1.水分はミネラルウォーターで摂取する

水分は「水で飲む」という事が基本になります。

例えば

  • 市販の野菜ジュースや清涼飲料水
  • お茶やコーヒー
  • 「えーい水道水でいいや!」

といったもので、水分補給をする人がいますが、あまりお勧め出来ません。

「え、お茶や野菜ジュースもダメなの?」

と感じるかもしれませんが、その通りです。

何故なら、お茶にはカフェインや農薬が含まれているケースが多く、胃や腸にダメージを与えやすいのです。また、野菜ジュースは「果汁100%」と書かれていても、製造過程で、ビタミンやミネラル、エンザイムは失われている事がほとんどです。水道水も塩素が入っているのでよくありません。

ですから水分補給は、ミネラルウォーターで摂取する事をお勧めします。

※ただし、味噌汁やスープなどの“食事としての水分”は、その他の栄養素も取れるので、OKですよ。

3-12-2.一日二リットルを基準に飲む

いくら水が良いと言えど、飲み過ぎはよくありません。花に水をやり過ぎれば枯れるのと同じですね。

量で言えば、成人男性なら一日2リットル、高齢者なら1.5リットル程度が良いと、様々な研究から明らかになっています。

ただ、これはあくまでも“目安”で、

  • 「今日は、味噌汁やスープを沢山飲んだから、水分は少なめでいいかな」
  • 「夏場に運動をして、沢山汗をかいたから、多めに水分をとろう」

という風に状況によって変化させる事が大事です。

“体の声を聞いて”、喉が渇いたと思えば飲み、渇いてなければ飲まなくて構いません。

集中力を生む食べ物を手にする為の23のアドバイス

最後でこの記事で書いた23のアドバイスをまとめて、終わりたいと思います。是非、これらをコピーして、スーパーで見返しながら、食品を選んでみて下さい。

集中力を生む食べ物を手にする為の23のアドバイス
1.明るい心は食べ物から作られる
2.冴えた頭脳は食べ物から作られる
3.病気のないイキイキとした体は食べ物から作られる
4.ウルトラオーガニック志向
5.腸キレイ食事法
6.食の黄金バランス
7.スローリリース食品
8.GI値が低い食品
9.お菓子、ジュース類は避ける
11.とれたてピチピチの食べ物
12.旬の食べ物
13.有機食品を食べる
14.質の良い油をとる
15.精製塩を避け、自然塩を使う
16.加工食品を避ける
17.極力食品添加物を避ける
18.牛乳は飲まない
19.乳製品も避ける
20.発酵食品を沢山食べる
21.良い水で水分を補給を行う
22.水分はミネラルウォーターで摂取する
23.一日二リットルを基準に飲む

 

是非、実践してみて下さい。そうすれば、あなたは心と脳と体を若返らせ、今まで出会えなかった、集中力がみなぎる自分を見つけられるでしょう。

もしこの記事がお役にたったと感じたら、
あなたのSNSでシェアしていただけませんか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エスビジョンから無料電子書籍プレゼント:普通の人が1%の億万長者になるためのトップシークレット

「あなたは既に8000万の借金を背負っている……」

と聞くと、驚きませんか?

ですが、これは嘘の話でも何でもありません……。
あなたがこのマニュアルを手に取れば、1時間以内にその意味を理解しているでしょう。

他にも……
・1%の億万長者達が必ず共通して通る3ステップ
・あなたの貯金がみるみる増えるユダヤ式節約法
・私がお勧めする時代の追い風が来る仕事、来ない仕事

などを、全2巻の電子書籍の中で提供しています。
二巻とも無料で提供していますので、あなたの経済面の健康に、是非お役立て下さい。


無料電子書籍ダウンロード

コメント

コメントを残す

*