コミュニケーション

今すぐに恋人未満を卒業する5つのパーソナルスペース

パーソナルスペース(縄張り意識)の秘密…

ふとした瞬間、魅力的な異性が近くにきて、

「ドキッ」

とした経験はありませんか?
逆に満員電車や混雑した電車の中で、

「ウゼェ…」

と感じた事は?

きっと、あなたにもこうした経験があるでしょう。これらは、人が自分のパーソナルスペース(縄張り)に入った時に起こる現象です。

何故同じように近づいても、興奮する時もあれば、嫌な気分になる時もあるのでしょうか?また、これらを意図的に使い、恋愛や仕事に活かせないのでしょうか?

この記事では、そんなパーソナルスペースの秘密を解き明かしたいと思います。

この記事で明らかにされること

具体的には

  1. パーソナルスペースの基礎知識とメリット
  2. 男女別のパーソナルスペースの違いと、適切なポジションの取り方
  3. パーソナルスペースを使った基本のコミュニケーションテクニック
  4. パーソナルスペースを使った座席のテクニック
  5. すぐに使える5つのパーソナルスペース活用術

という流れと内容でお伝えしていきます。

より具体的には…

  • 出会いから友達へ、友達から恋人へ発展する上で知っておくべき4つの距離
  • 何故かリーダーになってしまう人の空間や座席の使い方
  • 厚生省が明かした、婚約まで進むカップルとそうでないカップルの違い
  • あるFBI捜査官が語った99%の警察が間違っている取り調べ方法
  • 「あなたしか見えない」状態にさせる、ポジション取りのテクニック

といった内容をお届けしたいと思います。

是非この記事を読み、空間マスターとして、あなたの恋愛や仕事を成功に導いてください。

1.パーソナルスペースの基礎知識とメリットとは

まず最初に、「パーソナルスペースとは何か?」という基本的な知識を伝える所からスタートしていきましょう。

この基礎知識があると、「2.」以降の話がより効果的に活用出来るからです。ただ、これらは一般的な書籍でも紹介されている内容です。

なので、すでに知っている人は、次の「2.パーソナルスペースの男女の違い~」まで、読み飛ばしても構いません。

それでは説明していきます。

1-1.パーソナルスペースとは物理と心理距離が比例すること

パーソナルスペースとは、シンプルに言うと

「物理的な距離は、心理的な距離に比例する」

といった意味を表す心理学用語です。

とは言ってもイメージが沸きづらいかと思うので、具体的な例を示しましょう。

例えば電車に乗った時、隣の席に怖い人や不潔な人が側に来ると、つい無意識に反対側へ身を寄せた経験はありませんか?

逆に関係性が深い恋人などは、無意識の内に距離を縮め、ボディタッチを始め…という風になっていきますよね?

つまり人は、

「無意識的に苦手な人とは距離を置く、好意的な人には近づく」

という傾向があるのです。

ここから相手の心理を読めますし、これを逆手にとれば

「相手に近づけば近づくほど、相手との仲を深める事が出来る」

とも言えます。

つまり空間を上手く使えば

  • マインドリーディング(相手が自分を好きか嫌いかを知れる)
  • マインドコントロール(相手に近づけば、好意を勝ち取れる)

が容易に出来るという事です。

1-2.好意レベルで変わるパーソナルスペースの影響とは

「ほんとうかよ?」と思った人は、これを裏付けるデータを知っておくと良いでしょう。

を知っておくと良いでしょう。

ウィリアム・レイポルドの実験

レイポルドは、事前に大学生達に成績の称賛や批判をした。それから彼らの座る席がどう変わるかを調べた。

結果は…

・事前に「成績が良い」と告げられた生徒は、レイポルドに近い席を選ぶ
・事前に「成績が悪い」と告げられた生徒は、レイポルドから遠い席を選ぶ

という傾向が生まれた。

また、お互いが好き同士の者は、嫌いあっている者同士より、会話の際にお互いの距離が近づく傾向がある事も分かった。

これらの実験から分かるのは、二人の仲が親密であればあるほど、お互いのパーソナルスペースに入っても問題がないという事です。

つまり同じ距離でも、「ドキッ」と「ウゼェ」の違いが生まれるのは、好意のレベルが違う事によるものです。

好意が50%以上、つまりプラス側に傾いている時、距離を詰めると効果的ですが、マイナス側に傾いている場合は、相手から嫌がられるだけという事です。

ここで勘の良い人なら

「え?じゃあ好意のレベルが低ければ、そもそも近づくと嫌われるじゃん」

と感じたかもしれません。

ですが実は、相手のパーソナルスペースを邪魔せずに近づく方法が存在します。それは「2.パーソナルスペース男女の違い~」以降の項で説明をしていきます。

1-3.パーソナルスペースの4つの距離とは

パーソナルスペースの理論では、物理的な距離を4つに分類しています。それらを親密な順に並べると、以下のようになります。

  • 密接距離(0~45cm)
  • 個体距離(45~120cm)
  • 社会距離(1.2m~3.5m)
  • 公衆距離(3.5m~)

本当はもっと細かく分類も出来ますが、実際にコミュニケーションをする時に、そこまで意識してられませんし、この四つを押さえておけば十分だと感じます。

以下で距離のイメージと、それらの簡単な使い方について解説していきます。また距離感は、実際にメジャーなどで測ると、より理解が深まるでしょう。(私もやってみて、少し感覚が変わりました。)

パーソナルスペースの4つの距離とは

1.密接距離(0~45cm)

どちらか一方が手を伸ばせば、相手の体に手が届く、抱き合えるくらいの距離

この距離まで縮まると、人は言葉よりも体を触れ合うコミュニケーションが増えます。愛撫しあったり、殴りあったり、慰めたり…という風に。

ただこの距離は恋人同士などの、よほど親密な相手ではないと「ウゼェよ」と、ストレスを感じます

好意的な相手がこの距離に来ると、人は「ドキッ」とするので、友達から恋人へ発展したい相手には、ちょくちょくこの距離に近づくと良いでしょう。

2.個体距離(45~120cm)

お互いが手を伸ばせば相手に触れられる、テーブル一つを挟んだくらいの距離

相手の表情がよく分かり、プライベートな話題も出来る。知り合いから友達になりたい、一目ぼれした人と仲良くなりたい場合は、意図的にこの距離に近づく事で、二人の親密度はアップしていくでしょう。

3.社会距離(1.2m~3.5m)

身体的な接触が難しい距離。

お互いがストレスを感じる事のなく会話が出来る。初対面の人や「今後親しくなりたくない人」に対しては、この距離を保っておくと良いでしょう。

ただ、メジャーなどで測るとよく分かるのですが、2mくらい離れると、会話をするには「遠いよ」と、違和感満載でツッコミを入れたくります。(まぁ、おそらくデータ元が海外で、海外の人は平気で距離が遠くても話すという文化的違いがあるのでしょう。)

なので、親しくなりたくない人でも1.2~2mくらいの距離をキープすると良いでしょう。

4.公共距離(3.5m~)

ステージに立つミュージシャンとファンの間くらいの距離

基本的には、1体1のコミュニケーションではなく、授業やプレゼンなど、多人数相手とのコミュニケーションをする距離です。

表情が読み取りにくくなりますが、質疑応答など、簡単なコミュニケーションなら可能です。

ただし7mを超えると、マイクを使ったり、大きな身振り手振りをしなければ、相手にメッセージを伝えられなくなるでしょう。

これがパーソナルスペースの4つの距離です。

ですが上記の表はあくまで傾向であり、人によってパーソナルスペースの広さは違います。例えば仲良くないのに、思いっきり近づいてくる人もいますよね?

ですので表情やボディランゲージなどから、相手の心理状態を読み取り、距離を調節する工夫が必要だという事を覚えておきましょう。

1-4.パーソナルスペースを使うメリットとは

パーソナルスペースは迂闊に入ってしまうと、相手の警戒心や不安感、怒りの感情を呼び起こしてしまいます。逆に上手く使えば、相手に好意や安心、親近感といった感情を抱かせる事が出来ます。

そして何より空間を使う方法は全て

「無意識に働きかけるテクニック」

だと言えます。顔や見た目などと違って、あまり意識される事がありません。

ですので、

  • 「いつの間にか彼の事が好きになっていた」
  • 「何故か分からないけど、いつもあの人は会議でリーダーシップをとる」

といった事が可能になります。その上、無意識なゆえにテクニックを用いても、相手は防御する事が出来ません。意識が出来ないのですから。

ですのでパーソナルスペースは、超攻撃的なテクニックだと言えるでしょう。

2.パーソナルスペースの男女の違いと距離の詰め方

ここまでで話をした事を簡単にまとめると

物理的な距離は心理的な距離に比例する、ゆえに相手の好意レベルを見ながら、出来るだけ密接距離や個体距離に近づきなさい。

という事になります。

ただ、「好意レベルが低い場合にはどーすんのよ?」という疑問は残ります。

それに、例えカップルのように仲が良くても、迂闊にパーソナルスペースに入ると、嫌な気分にさせてしまいます。

幸い、これらの悩みを解消する方法があります。

それは

「相手のパーソナルスペースを避けて近づく」

というものになります。

実はパーソナルスペースは、男女によって範囲が違い、その人が向いている方向によっても違います。

ですのでこれらを理解すれば、相手に警戒されず、容易に密接距離や個体距離に近づく事が出来ます。

そこでここからは

  1. 男女のパーソナルスペースの違い
  2. 男女別の好ましいパーソナルスペースの使い方
  3. パーソナルスペースにおける男女の心理の違い

についてご説明していきます。

2-1.パーソナルスペースの男女の違い

まずは、以下の画像を見てください。これは男女のパーソナルスペースの違いを示したものです。

上記の図を簡単に説明すると、

  • 男性のパーソナルスペース:逆三角形の形に伸びていて、前方側は縄張り意識が強いですが、横側や後方の縄張り意識は弱い
  • 女性のパーソナルスペース:楕円形の形に伸びていて、前方・後方は縄張り意識が強いですが、横側の縄張り意識は弱い

といった特徴があります。

2-2.男女別の好ましいパーソナルペースの使い方

上記でお伝えした縄張り意識から考えると、男女ともお互いのパーソナルスペースを邪魔しない為には

「横側から近づき、その場所で会話しろ」

という事になります。

具体的には

  • 近づく時は横
  • 街中で歩く時は横
  • 椅子に座って会話する時も横

と、全部横が基本だと覚えておきましょう。

ただこれは、男性と男性、女性と女性の組み合わせだった場合のベストな位置です。

男性と女性の組み合わせの理想的な位置は、

「女性が男性より半歩分くらい後ろ」

になります。女性はその場所から近づき、その場所を維持すると、よりお互いのパーソナルスペースを邪魔せずにすみます。

とはいえ、これは女性側からしかコントロール出来ませんから、

  • 読者が男性だった場合は、とりあえず横!
  • 読者が女性だった場合は、男性は斜め後ろ、女性は横

だと覚えておくと良いでしょう。

そして男女共に、真正面に人がいるのはNGなので避けましょう。

ただし、真正面にいなければいけないシチュエーションもあるでしょう。例えばレストランで食事をする時などです。

こうした場合は、少し椅子の位置をずらすなどして、真正面を避けると良いでしょう。(詳しくは画像付きで後述します。)

2-3.パーソナルスペースにおける男女の心理の違い

パーソナルスペースの説明をする際、「物理的な距離は心理的な距離に比例する」といった事を述べました。

ですが実は男女で、その傾向にも少し違いが見られます。

それは

  • 男性は好きな男性・女性の傍に近づきたいが…
  • 女性は好きな女性には近づくが、好きな男性からは離れる事もある

という事です。

女性は好きな男性がいても、あえて遠い席に座ったり、わざと離れて歩いたりする傾向があります。(特に周りに人がいる時に起こります。)

これは自分の「好きだ」という気持ちを悟られるのが、恥ずかしいから起こると言えます。

「本当は近づきたい、でも近づけない」

そんな可愛い心理です。

ですので、男性の読者は好きな女性が遠くに座ったからといって、落ち込むのはやめましょう。そして男性は好きな女性にドンドン近づけばいいのです。

それを女性は

「キャ、恥ずかしい、でも嬉しい」

という気持ちで迎えてくれるかもしれません。(ただ、本当に嫌われている場合は知りませんが。笑)

3.実践的なパーソナルスペースの5つのテクニック

ここまでで、男女のパーソナルスペースから距離の詰め方や好ましいポジションなどをお伝えしてきました。

重要な点を簡単に復習すると

  • 読者が男性だった場合は、とりあえず横!
  • 読者が女性だった場合は、男性は斜め後ろ、女性は横

ですね。

ここからは、

「それらを実際のコミュニケーションの場でどう活かすのか?」

という実践的なお話をしていきたいと思います。

3-1.好意レベルを推し量り、パーソナルスペースを詰める

もしあなたに意中の相手がいて、

「恋人未満を卒業したい!」

と考えているならば、個体距離(45~120m)を、出来るだけキープすると良いでしょう。可能なら密接距離(0m~45m)にも入ります。

  • 出来るだけ近くで会話する
  • 飲食店などの席に座る時は、出来るだけ近くに座る

というのが、基本中の基本となります。

ただし相手の反応を見ながら近づいてください。相手がストレスを感じていたら距離を離すべきです。

たとえ横から近づいとしても

  • 初対面でいきなり距離を詰める
  • 何度も何度も密接距離に行く、長時間密接距離をキープする

というのは危険です。

「でもストレスを感じているかどうかなんて分かんねーじゃん…」

と思う人は、相手との距離を詰めた時に、相手が離れるかどうかをチェックしてみて下さい。

相手が距離を取らなければ、その人はあなたを好意的に見ている可能性が高いと言えます。

もし距離を取られた場合は、無理に縮めようとせず、離れたままにしておきましょう。もし、そこで無理に近づくと、相手から「この人怖い…」と感じられてしまいます。

もちろん人によっては、いきなり距離を詰めても大丈夫な人もいます。そうした人は違和感が無い程度に、出来るだけ距離を詰めましょう。

またストレスはボディランゲージや表情からも読み取れます。これについては…

 

 

3-2.密接距離に相手から近づいてもらう方法

「ふとした瞬間、好きな人が近くにきてドキッとした」

という経験は、あなたにもあるかと思います。おそらくこの時、二人は密接距離(0m~45m)くらい近づいているのでしょう。

友達から恋人へと発展したい人は、このふとした瞬間を“意図的”に作り出すと効果的です。

例えば

  • モノを取ってもらう
    「それ、取ってくれない?」
  • スマホなどを見てもらう
    「ちょっと見て、このレストラン美味しそうじゃない?」
  • 聞こえないフリをする
    「え、ゴメンゴメン、なんて言ったの?」
  • 内緒の話をする
    「ちょっときて、実はさ…」

こうした方法は、自然と相手との距離を詰められます。

それに

「相手から近づいてもらえる」

というメリットもあります。

相手から近づいてもらう事で、「自分が好きだから近づいたのだ」と、相手の無意識に刷り込む事が出来るからです。

3-3.二人の間の障害を取り除く

あるFBI捜査官の本を読んでいた時、こんな事が書かれていました。

警察官が容疑者を調べる際、本当は相手との間にテーブルを置かない方が、様々な情報が読み取れ、効果的だろう。

また、しぐさの行動心理学でも、人は不安になると、クッションやノートなどを持ったり、腕組みをして、相手との間に壁を築こうとします。

これらの事から考えるに、相手の心理を読み取るにしても、相手の心理を好ましい方へと操るにしても、

「コミュニケーション相手との間にある物体は、出来る限り取り除く」

という事が大切だと分かります。

具体的には

  • 二人の間にテーブルなどを挟まない
  • もしテーブルがあるなら、お皿や資料などをどける。

と言った事をするように心がけるのです。(ただし、コップやグラスだけは近づけた方が良いと言われています。口をつける部分だからでしょうか?)

またこれは、服の露出度にも言えます。服もお互いの露出度を上げれば上げるほど、お互いの心理的距離が近づきます。

これについては、《》の記事でもご紹介しているので、興味がある人はこちらもお読み下さい。

実際にあるナンパ師が

「ビーチで水着になっている人や街中で肌を露出した人は誘いに応じやすい、だから夏はナンパの季節」

と言っているのを聞いた事があります。笑

3-4.心理的主導権を握るパーソナルスペースの取り方

相手とコミュニケーションを取るとき、心理的主導権を握るのはとても大切です。何故なら会話の内容をリード出来ますし、発言力も高まるからです。

相手は自分に敬意を払い、「この人の言うことは聞いておこう」と感じてくれるようにもなります。
実は空間を上手く使う事で、この心理主導権を握る方法があります。

特に以下でご紹介する、三つのポイントを抑えておくと良いでしょう。

※心理的主導権については、《》の記事で詳しくご紹介しているので、是非ご覧下さい。コミュニケーションの基本であり、究極奥義だと言えます。

1.より広い位置を確保する

地位の高い人は、より広い空間を使う傾向があります。

例えば職場では一般的に、課長の席より部長の席、部長の席より社長の席の方が広々としていませんか?(社長室のように、完全に場所を分ける事すらあります。)

レストランや電車の座席などでも、より広い位置を確保する事で、周りの人に「私は地位の高い有能な人物だ」というメッセージを送る事が出来ます。(ただし、好きな人だけは側に置くこと!)

2.より高い位置を確保する

地位の高い人は、物理的にも高い場所にいく傾向があります。

例えば裁判官の席は法廷内の一番高い所にありますし、音楽家や講演家のステージも一段高く設置されていますよね?

試しにコミュニケーションをしている人を観察してみて下さい。きっと主導権を握っている人は、高い位置にいる事が多いでしょう。こういう意味で背が高かったり、姿勢が良い人は得をします。

逆に、相手を敬いたい時は、あえて腰をかがめて話す方法も良いでしょう。(子供と話す時、同じ高さにして話をするのは、きっとこうした意味があるのでしょう。)

3.より全体を見渡せる場所を確保する

職場の会議や飲み会などで、リーダーシップをとる人の座席を観察してみて下さい。

きっと、室内の全員が見渡せる位置に座る事が多いでしょう。例えば長方形のテーブルであれば、その両端のどちらかにいるという事です。

以下の画像で言うと、AやDの位置です。

実際に管理職や経営者などは、こういった位置に自ら座る傾向にあるとされています。

これを利用して、常に全体を見渡せる場所に立つとリーダーシップがとれたり、発言力が高まります

日常でよく過ごす職場などの部屋、レストランの席など、あらゆる場所で上記の三つのポイントを意識すると、人はあなたを一目おいた存在として扱ってくれるはずです。

3-5.好きな人の近くに住む

「恋愛が上手くいき、婚約まで進むカップルとそうでないカップルの違いはなんだろうか?」

これを知る上で参考になる、厚生省の調査があります。彼らが様々な要因を調べた所、二人の住んでいる場所が、婚約率に大きな影響を及ぼしている事が分かりました。

そのデータは以下の通りです。

婚約するカップルの内…

  • 25.1%が同一区町村
  • 64.3%が同一市郡

である-厚生省-

つまり、シンプルに住んでいる距離が近いほど、婚約率は高まると考えて良いでしょう。

逆に都道府県くらい離れてしまうと、恋愛が成就する望みは薄い。この調査は「遠距離恋愛は上手くいかない」という説を見事に裏付けています。

論理的に考えても、電車を沢山乗り継いだり長時間車を運転したりするのは、大変な労力とコストがかかります。ですから会う回数も減る。お互いにとって負担となる。

と、すれば愛情が冷めやすいのは想像に難くないでしょう。

私にも同じ経験があります。私には以前仲の良い親友がいて、彼の家の近くに住んでいました。

ですが私が引っ越しをしたのを機会に、途端に二人の仲がこじれ、ケンカ別れする事になりました。

逆に引っ越し先で、それまで交流の無かった、近くに住んでいる人たちと、途端に仲良くなり始めました。

こうした事から考えるに、恋人探しをするにしても、恋人との関係を深めるにしても、電車で数駅くらいの距離にするべきです。究極は同棲すべきでしょう。

単身赴任や留学なども同様です。相手に本気なのであれば、必ず一緒に行くべきだと言えます。

4.座席を使った4つのパーソナルスペースの技術

ここまでで、パーソナルスペースを使った基本的なコミュニケーションのテクニックは、全てご紹介しました。上記で紹介してきたものは、立っている時も座っている時にも使えます。

ですが、実際のデートの時や会話をする時は、座っている事が多いのではないでしょうか?

そこでここからは、より突っ込んで

  1. スティンザー効果における座席の心理効果
  2. 好感度アップの座る位置
  3. 「あなたしか見えない」状態にするポジション取り
  4. 口説きに最高なお店の条件

など、座っている時に注目した技術を紹介していきましょう。

4-1.スティンザー効果における座席の心理効果

座る席の位置に関しての研究では、スティンザー効果と呼ばれるものを知っておくと良いでしょう。
簡単にまとめると、以下のようになります。

スティンザー効果とは?

1.自分の正面に座る人
自分と対立したり、反対意見を持っている人

2.自分の横に並んで座る人
仲が深まりやすく、味方になってくれる人

3.自分の斜めに座る人
お互いがリラックス出来るが、横に並ぶ人より好意的ではない。

より分かりやすいように画像で説明しましょう。

仮に上記のように人が座っていた場合は、

  1. 対立しやすい配置:AとD、BとF、CとE
  2. 仲が深まりやすい配置:BとC、EとF
  3. リラックスできる配置:AとB、CとD、DとE、FとA

というのが、スティンザー効果の基本的な理論です。これはパーソナルスペースの見地から言っても当てはまるので、かなり正しいのではないかと言えます。

4-2.好感度アップの座り方

「隣同士が仲良くなりやすい事は分かった…でもレストランとかだと難しくない?」と思う人もいるかもしれません。

例えば以下の画像のような場合です。

こうした席で、AとBなどの横並びに座るのは、少し不自然ですよね?かといってAとDなどの斜めだと、距離が離れ過ぎます。もちろんAとCなどの真正面だと対立するのでNGです。

そう考えた場合、真正面に伸びるパーソナルスペースを回避して、椅子を少しずらすというのが理想ではないかと思います。以下の画像のように…

ただ、カフェや居酒屋の座敷、自宅で座布団をひいて座る…などのシチュエーションであれば、下記の画像のような配置も存在します。

この場合、仲よくなりやすいBとCや、EとFで座っても、問題がある場合と、そうでない場合があります。

これは

  • そのお店の雰囲気
  • 二人の関係性
  • グループか?二人か?

などによっても変わってきます。

なので判断基準は

「不自然かどうか?」

で考えると良いでしょう。

もし、不自然に感じるのであれば、リラックス出来る斜めの配置であるAとB、CとD、DとE、FとAなどに座ると良いでしょう。

また、仲良くなる事が目的ではなく、会議やグループの集まりなどで、リーダーシップをとりたい場合は、前述したようにAやDの位置に座るのがベストでしょう。

4-3.「あなたしか見えない」状態にするポジション取り

「女性は壁側の席だよね!」

そういった常識がまかり通っていますが、実は恋愛的に不利に働きやすいと知っているでしょうか?

何故なら、壁を背負った人というのは、周りの状況がよく見える位置に座る事が多いからです。(自分も壁を背負っている場合は別ですが。)

例えばお客さんの出入り、調理をしている姿、ホールのスタッフ…という風に、様々なものが視界に入り、あなたの話に集中しづらい状況が生まれます。

逆にあなたが壁側を背負えば、相手からは「あなたしか見えない」状況を作る事が出来ます。先ほどお伝えした通り、全体を見渡せる場所は、心理的主導権を握りやすい事とも関連します。

ですのでデートや会話の主導権を握りたい場(営業など)では、必ず壁を背負うようにしましょう。

もちろん相手がそういった常識を気にするタイプであれば

「なんかデートの時に、通路側に座らさせられたんだけど」

と愚痴られるかもしれませんが。笑

ですので相手がそうした事を気にするタイプかどうかを、見極める必要があるかもしれません。

4-4.口説きに最高なお店の条件

スティンザー効果やパーソナルスペースの見地から言うと、デートをする時や、友人と仲を深めたい時には、自然と横並びになるカウンターはベストな席だと言えます。

隣同士に座っても、なんら不自然ではありませんし、対立心を引き起こす事なく、距離も近い、その上テーブルという障害物もありません。

実際、私がバーなどに行った時などによく見かけるのですが、カウンター同士のお客さんは、知らない人どうしでも会話を始め、仲良くなっていたり、連絡先を交換しあったりしています。

ですので、デートにはカウンターに座れるお店を選ぶのがお勧めです。

バーなどの薄暗い場所であれば、なおさら良いでしょう。

何故なら暗い場所だと、人は自分をさらけ出す事への抑制が取り払われるからです。その上、目の瞳孔が開きやすくなるので、相手を好意的に見やすくなるのです。

それを裏付ける、以下のような実験もあります。

心理学者ケネス・J・ガーゲンの実験

明るい部屋と暗い部屋、それぞれ複数の男女に一時間、一緒にいてもらった。

すると…

  • 明るい部屋:あたりさわりのない会話に終始した
  • 暗い部屋:次第に会話がプライベートなものとなり、体を寄せあったり、抱き合ったりした

という結果が出た。

こうした要素から考えて、バーのカウンターやカラオケなどは、デートや女性を口説くのに、とても良い環境だと言えるでしょう。(ただし、映画は微妙…会話をしないし、俳優に夢中になります。)

※「なんで目の瞳孔が開くと、相手を好意的に見るの?」と思ったなら、アイコンタクトの記事で紹介しているので、こちらをご覧下さい。

5.今すぐに使える、5つのパーソナルスペース活用術

最後に、この記事でお伝えした事をまとめた、明日すぐに使える5つのパーソナルスペース活用術をご紹介しましょう。

是非明日からすぐに、家族や恋人、会社や友人に対して、この空間の技術を活用してみて下さい。

今すぐに使える5つのパーソナルスペース活用術
  1. 相手の好意レベルを推し量りながら、出来るだけ近づく、または近づいてもらう
  2. 男女ともに横側から近づき、その場所をキープすること。横が難しい場合は斜め後ろや、斜め前をキープすると良い。
  3. 二人の間の障害となるものを全て取り除くこと
  4. より広く、より高く、より全体が見渡せる位置をキープすること
  5. レストランなどでは、壁を背負うようにして座ること

是非、この活用術を実践して、空間を使って異性をドキッとさせたり、職場でリーダーシップを発揮して下さい。

「あなたしか見えない」状態にする9つのアイコンタクト技術

アイコンタクト

アイコンタクト一つで人生は変わる…

と言えば大げさだろうか?いや、俺はそんな風には思わない。何故なら、過去にそれを実感するような出来事があったからだ。

それはまだ、俺が音楽をやっていた頃の話だ。あの日、いつものようにライブハウスで演奏をしていると、知らない男がジーっとこちらを見つめているのに気づいた。

まるで時が止まったようだった

ガンガンとうるさい音の中、沢山の人がごったがえす中で、何故か俺は彼から目が離せなくなった。

俺たちのライブが終わり、バーで数人のお客さんと話をしていると、あの男がそこにいた。気になって話かけてみると、彼もまたミュージシャンだと分かった。

俺たちは意気投合し、彼は自分たちのライブに誘ってくれた。

衝撃のライブだった

続きを読む

業界初!14のパワージェスチャーを使った人心掌握術

ジェスチャー

あなたの意中の人、ビジネスの相手、自身の心まで掌握してしまう
ジェスチャーの秘密…

業界的に見ても、これだけ実用的かつ効果的で、しかも分かりやすく記憶に残る形で、ジェスチャーを解説したものは他にはないでしょう。少なくとも私は知りません。

この記事であなたに提供する14のパワージェスチャーは…

  1. 一瞬で快の気分を引き出す5つの反重力ジェスチャー
  2. 自信と強さが溢れる5つのヒーロージェスチャー
  3. 意中の人をメロメロにする4つのLOVEジェスチャー

となります。

より具体的な内容は
続きを読む

私がコンビニに行くと女が馬鹿に…でも見た目を変えると…?

見た目

ある女性店員からひどい接客を受けました…

私が27歳くらいの頃の話です。

その日、私は大好きなカフェラテを買う為、コンビニへ行きました。私がレジへ商品を持っていくと、ある女性店員がいました。

彼女は私の事を「チラリ」と一瞥した後、まるでゴミでも見るような目つきと「あーめんどくせー」といった態度で接客をしました。

きっと彼女は僕を、心の中で「クソみたいなヤツだな」と、クスクス嘲り笑っていたのでしょう。私はとても嫌な気分になり、「こんな所二度と来るか!」なんて思いながら、自宅へと帰りました。

数か月後…

続きを読む

感情コントロール全手法-IQ100の凡人を一流に変えるもの

感情 コントロール

感情と欲望に満ちたこの世界で…多くの人が人生のコントロールを失ってきた。

  • 「チヤホヤされたい、もてたい…」という欲求にまみれ、ホスト・ホステス通いで借金だらけの人。
  • 「ぶっ殺してやる!」とブチ切れ、我に返った時に牢獄にいる人。
  • 「アルコールを飲みたい、ギャンブルしたい」という衝動に溺れ、健康と人生を棒にふる人。
  • 「なまけたい、遊びたい…」という怠惰に流され、人生を暇つぶしのように生きる人。
  • 「もうダメだ」と絶望して、生きる気力を失い、死の選択を選ぶ人。

僕たちは、そんな生死すら左右する感情と欲望の世界に生きている。

続きを読む

何故人々はコミュニケーションをするのか?その意味とは

コミュニケーション 意味

「人々がコミュニケーションをとる意味は何だろう?」

  • 何故あなたは「おはよう」と挨拶をして、「バイバイ」と別れを告げるのだろう?
  • 何故子供たちは、大好きなあの子にラブレターを送るのだろう?
  • 何故人々は、SNSで「いいね!」を集める事にやっきになるのだろう?

そんな事を考えた事はないだろうか?

文明の発達とともに、コミュニケーションの手段は多様化してきた。

対面、手紙、電話、メール、広告、マスコミ、講演会、ライブ、ブログ、SNS、そして仮想世界へ…

続きを読む

写真解説付-6つの表情に隠れた相手のホンネを知る方法

表情 心理

上記の画像の彼女の表情を見てください。彼女はどのような感情を抱いているでしょうか?

答えは…

「悲しみ」

です。

正解した人は喜んで下さい。きっと、あなたは日常から表情を読みとる力に長けているのでしょう。

では、もう一つ質問です。

「彼女の表情のどこを見れば、彼女が悲しんでいると分かりますか?」

続きを読む

ダメ絶対!10のセルフタッチの仕草が表すネガティブ心理

仕草 心理

つまらない話だ、読まない方がいいかもしれない。

それはまだ俺が20歳になったばかりの頃、友人たちと集まり、パーティーを開いた時のことだ。俺たちがパーティーの準備をしている最中、友達に連れられてそいつはやってきた。ユナ(仮名)という名前の女性だ。

ユナはパーマをかけたお姫さまのような髪、少しだけぶりっ子というキャラクターを持ち、屈託のない笑みを浮かべる魅力的な女性だった。当時の俺の直球ドストライクの女だった。

俺は一瞬で彼女に恋に落ちた。

パーティーは盛り上がり、俺はアルコールと睡眠薬だかなんだか分からないおかしな薬を飲み、意識が朦朧としていた。だから何がどうなったか覚えていないが、いつの間にか彼女と二人きりになっていた。

俺がユナに顔を近づけると、彼女は少しだけ抵抗する素振りを見せた。

続きを読む

3Fの行動心理学から読み取る、10のしぐさの意味と使い方

行動心理学 しぐさ

ある釣り人が、森の中で出会った黒い物体の正体…

それは身の毛もよだつ恐怖体験だったそうです…仮に彼の名前をヨシノリとしましょう。

ヨシノリは休みの日、大好きな釣りをする為に山道を歩いていました。そんなおり、一匹の犬が道路わきにいるのを見かけました。

なんとなく興味が沸いて舌を「チッチッ」と鳴らすと、犬は人懐っこく寄ってきました。

ところが足元まで来たのをよく見てみると、

「あれ?これは犬じゃない、子グマだ!」

彼は不安を覚え、すぐにその場を去ろうとしました…。

続きを読む

目が合う2人の行方とは-瞳が語る4つの心理と口説きテク

目が合う

の日、ふと彼女と目が合った瞬間に起きたこと…

「ほら、空を見てよ。スッゲー星が見えるよ。」
「ほんとだー!綺麗ー!」

そんな話をしながら俺とリエ(仮名)は、夜道を歩いていた。リエは金髪で派手な格好とは裏腹に、あまり自己主張をしない控えめな性格の女性だった。

俺は彼女のそんな所が好きだった。

当時は二人ともバンドマンで、その日はお互いの先輩のバンドのライブを見に行った帰りだった。そしてライブの後、彼女を自宅まで送っていた。

続きを読む